FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピラカンサ

ピラカンサスkopi-

「ピラカンサの赤い実がなっている。5月に花言葉「美しさはあなたの魅力」の通り、小さな白い花が泡のように咲いていたのを思い出す。
たわわに実ったこの実、小鳥の餌になって、種を飲み込んだ鳥が種を遠くまで運んでくれるそうだ。しかし、鳥が好んで食べているようには見えない。実のなったピラカンサの花言葉は「燃ゆる思い」、そして「防御」だそうだ。ピラカンサのピラは炎で「燃ゆる思い」、カンサはトゲで「防御」。トゲで動物はうかつに近づけないし、一度に鳥がたくさんの果実を食べないように、ピラカンサの果実には元々毒性があり、真冬の2月ごろには毒性が無くなるのだそうだ。食物が無くなる真冬まで、待たなければ。今は、我慢の時か。
あくまで、「美しさはあなたの魅力」の言葉どおり、今は、ながめているだけにしたほうが賢明だ。 byヒソプ」

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 23:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時は流れて その2

息子が旅立った直後の3年間、冬になると窓辺にやってきたメジロ。
十余年前の不思議な出来事を今も思い出すことがあります。
「もしかして、Mクン?」
メジロを見るたびにドキドキしながら祈るように見つめていた私。
息子が生き返ったような驚きと喜びで、心が安堵感で満たされていきました。
「もう一度、あのメジロに会いたい」、その願いであの頃は生きていたのです。

どのようなものであれ、先に望みがあると苦しみに耐えることが出来るのかもしれません。
あの子は先には全く望みがないと思い込んでしまったのでしょうか。
あるいは何も考えられないほど消耗しきっていたのかもしれません。

気づけませんでした・・・。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 03:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

反響

れもんです。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
秋から冬への季節の移ろいを、そこかしこに感じながら、11月も半ば過ぎになってしまいました。
この季節、少し物悲しくもなるのか、時折、主人が逝った日のことを思い出します。
単身赴任先で自ら逝ってしまった主人を、夜中に車を飛ばして、主人の妹とともに駆けつけました。一人だったらどうすることもできなかっただろうけれども、共に誰か付いてくれる人がいるということは心強いことです。

主人を連れて帰った家には、ちょうどよいタイミングで、離れたところに住んでいる弟が来てくれ、いろいろと助けてくれました。子供のいない私は、その日、帰ってきた主人と二人きりで過ごさなくてはならなかったのですが、幸いにも、多忙な弟が一緒にいてくれました。夜、ふとんに入ると、自分の心と頭が乖離して、自分が取り戻せないような思いに襲われましたが、そのときに、「ここで何とか踏ん張る」と思わせてくれたのは、横で寝ていた弟の存在だったように思います。
自分の話は人に聞かせるくせして、人の話は適当に聞いているようにしか思えなかった弟も、この時ばかりは、私の話に、丁寧に応じてくれました。今では、何を話したのかも覚えていませんが、自分が発したことが返ってくるというのは、こんなにも有難いことなんだと改めて思ったものです。

誰かに話を聞いてもらって、それが何にせよ返ってくると、返ってくることで自分の所在もまた確かめられるのだと思います。どこか遠くへ飛んで行きそうだった自分が、かろうじて踏みとどまることができたのは、あの日の弟からの反響のおかげだったと思います。
語りは自らを指し示すものですが、それは語りが聴くものを前提としているからこそ成立するものです。そこから返ってくるものを受けることで、自らを表すことができる。それがどのような感情であれ、それが現在の自分なのだと知ることができるのだと思います。

サポートプラザには、様々な語りの場があります。残念ながら、現在は、十分な活動を行えませんが、試行しながら少しずつ活動を再開し始めております。また、皆さまに従来通りのご案内ができる日が少しでも早く来ることを、今は祈るばかりです。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 04:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

傾聴電話をご利用くださる皆様へ

コロナの影響で大事な人を自死で亡くされる方が、悲しいことですが増えてきています。
,
コロナ感染予防の為、「自死遺族の方のための傾聴電話」は時間短縮と対応曜日を減らして、現在は実施しております。
自粛以前の半分以下の時間での実施です。
せっかくお電話くださっても繋がりにくく、やむなくあきらめてしまわれる死別後間もない方のお気持ちに配慮し、新たな傾聴ルールを決めました。

明日、11月12日木曜日からの傾聴電話は、1回の電話時間を原則40分までとさせていただきたいと思います。そうすることで、少しでも多くの方のお電話を受けることが出来ますようにと、願っています。
苦渋の決断です。お電話を利用下さっている皆様本当に申し訳ありません。
コロナが収束し、ゆっくり時間をかけて聴ける日が早く来ますように。

傾聴電話は現在は木曜、土曜の週2回、12時から16時まで実施しています。
1日に1回、何度でも、何年でもリピートしてかけていただくことは可能です。
1年、2年、数年、十数年にわたり、かけくださるリピーターの方は少なくありません。

必要な時にいつでも、どうぞご利用ください。
必要な時に繋がりますことを願いつつ、お待ちしております。

認定NPO グリーフケア・サポートプラザ 自死遺族の方のための傾聴電話
毎週        木曜日   土曜日   12時~16時まで
電話番号     03-3796-5453   


NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 08:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時は流れて  その1

我が家の前に新しいマンションが建つようです。
壊された元のビルの前庭には、イチョウと金木犀が植えられていましたが、どちらも切り倒されて更地になってしまいました。
大ぶりの華やかな花が咲く金木犀の大きな木は、風が吹くと、オレンジ色の絨毯を敷き詰めたように花びらが散り、香しい香りが秋の風物詩でしたが・・・・。

冬になると、無数のメジロが金木犀の枝にとまり、にぎやかに囀っていました。
そのうちの1羽が2月になると、悲しみに沈んで一日空を眺めている死別後間もない私の目の前まできてくれていました。
私が無事に生きているのかを確かめるかのようなメジロの訪問は3年間続き、3度の冬が過ぎると、姿を見せなくなりました。
(by  なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 16:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT