FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安心できる関係

先日の身体指向セラピーの講演会で興味深かく聞いたことを、もう一つご紹介します。

進化的に言うと仲間と集まって楽しく寛ぐことが出来るのは犬とか猫とかなどの哺乳類からで、トカゲとかワニとかは一緒にいて楽しいとかはないそうです
。哺乳類から社会的な繋がり、ほかの人と繋がっているということを感じて安らぐという体の働きを持っているのだとか。
確かに親しい友人や、家族と寛いでいる時は、リラックスしているのを感じます。

トラウマ的な出来事に出会った時、いてくれるだけでにこにこ、楽しくなる関係の人や安心感を感じる人、信頼できる人が傍らにいてくれることで、ダメージは少なくするそうです。
古井講師が教えを受けたPeter A.Levineは、「トラウマとは起こった出来事ではなくて、そこに共感的な見守り手がいなかったために、体の中に残った物のことを指す」と言っているそうです

自律神経の視点から見ると、トラウマ的な出来事で凍り付いた(フリーズした)状態を溶かしてくれるのは腹側迷走神経の働きなのだそう。
腹側迷走神経がトラウマの解毒剤になるそうです。
具体的にシンプルに言うなら、人との安全なつながりを感じることで、凍り付いているものがとけて動き出して外にでていくのだとか。つながりは人でなくても、ペットと目を合わせたり、なでたりでもいいのだそう。
安全なつながり、心が癒される関係をどう作っていくのかが、大事なことなのでしょうね。

自死遺族の場合は個人的な要因と言うよりは、社会的、文化的な様々な要因で他者との関係性が、難しくなることもあります。緊張感が生じたりもします。
自死で遺された人は病死で遺された人と比べていつまでもフリーズするのはこんなことも関係しているのかもしれません。心理的な理由ではなくて、自律神経的に、身体の働きでそうなってしまうのだそうです。
ほっとできる関係、癒される関係の大切さを感じます。
分かち合いの場でも、傾聴電話でも、心に刻んでおきたいことだと思いました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 05:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月の分かち合いの会

自死遺族の分かち合いの会を始めて15年が経ちました。
スタート以来、一度も休まず第三日曜日に分かち合いの会を開催しています。

今日は分かち合いの会のある日です。
同じ体験をして 同じ苦しみをもち 同じ悲しみを抱きながら
生きている仲間がいます
自分のことを話さず聞くだけでもいい
今まで言えなかった思いを 思い切り話してもいい
その場に来て お茶を飲んでいるだけでもいい
すぐには変わらないかもしれないけど 何かのきっかけになるかもしれません

毎月第3日曜日の同じ時間 同じ場所で開催されます
同じ体験をした仲間が待っています

開催日   毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
      10月開催日は10月21日(第三日曜日)。今日です。

場所  グリーフケア・サポートプラザの事務所
    東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
交通  東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅2番出口  徒歩5分
              「赤坂」駅7番出口   徒歩7分
※ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります

参加費  500円

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
     話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
     参加者同士での守秘義務を条件とします
     その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 01:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トラウマの渦

愛する人の自死で遺された家族は、天地がひっくり返るような衝撃と驚愕を体験します。
一種のトラウマ体験です。あの日からそれまでとは違う世界で生きているような気持ちも味わっています。
日常の暮らしはまあまあ何とか出来て、仕事も頑張って続けました。
でも、苦しみが消えてしまったわけではなく、言葉にならない思いは抱え続けています。
心の痛みを覗き続けないで、少し脇において日々の暮らしを大事にしようと思っているだけなのです。

先日の古井先生のトラウマについての講演で初めて知ったことなのですが、トラウマは渦のようなものと捉えることができるそうです。
辛い気持ちをずっと見つめると、どんどん巻きこまれて、どうにもならない状況になったりします。
そういう性質をトラウマは持っているそうです。
だから一気に語ることは良くないそうで、少しずつ、適度にが大事だとか。
面白いと感じたのは一つトラウマの渦があると、もう一つ反対側の渦があるそうです。嫌な渦といい渦とは実はセットなのです。いやだなー、苦しすぎ、手に負えないと感じる渦がある時、実は反対側にリソースの渦があるんだそうです。リソースとは私たちに力をくれる源とか資源とかです。この渦とどう付き合うかが大事なポイントだそうです。嫌な渦のこっちだけではなく、まず心地いい感じだとか、リソースの感じに触れていくとかをすると安全にトラウマに触れることが出来るとか。
二つの異なる渦を行ったり来たりすることが大事で、行ったり来たり出来ていると落ち着き、調整につながっていくのだとか。
あくまでも少しずつが大事で両方を行き来するのも大事なのだそうです。

わからないままに、私もそんな対処をしていた気がします。自分の苦しくなることは無理にはしないようにしていました。どうにも辛くなってくると何とか気持ちが切り替わるようにいろいろ試してみました。私の場合は寝ることや、マッサージ、ただ歩くことなどが一番のリラックスタイムでトラウマ的な痛みがその時だけは遠のきました。
そうしないと、とても日々を暮らすことなど出来ませんでした。
トラウマはほんの少しずつ出していくことが大事なのだそうです。
考えたくなくても、いつもさまざまな苦しみが勝手に浮かんでくるのですから、あえて向き合わなくても、充分に向き合っていたのだと思います。
自死で遺された人の心の痛みは半端ではないこと、それをどう癒やしていくのかを、最新のセラピーの方法で聴くことができ、ああ、これまで自分なりにしてきたことは間違っていなかったのだと、ほっとしました。

それにしても、今苦しみの渦中におられるかた、本当に大変ですね。
どうか自分をケアする、大事に出来る何かを見つけてくださいね。出来れば多いほど、助かります。
短時間しか効かなくてもいいのだと思います。
二つの渦の間を行ったり来たりできることが、やがてコンデションを整えることに繋がるそうですから。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 21:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

身体志向セラピー

10月のクレマチスの会(ミニ講演会)のご案内
テーマ  「“トラウマ”の新しいセラピー ―身体志向セラピー(ポリヴェーガル理論)
を知ろう― 」
講師   古井望氏 日本女子大学 カウンセリングセンター非常勤研究員
開催日  10月14日(日曜日) 午後2時~ 
場所   本会事務局(ホームページ「アクセス」の地図を参照)
参加条件 どなたでもご参加いただけます。
参加費  500円

講師と講座内容の紹介
16才の時に自死による死別を体験し、心理的・スピリチュアルな存在としての人間に関心を向けるようになられた講師は、京都大学、東京大学で専門的に学ばれ、現在は精神科のセラピストや大学での講師、研究者としてご活躍中です。

数多くのセラピーを学ばれた中で、この数年魅力を感じて学んでいるのが、身体志向(ソマティック)セラピーだそうです。“悲しみは心だけで感じるものではない、細胞が記憶するような、全身の反応だ”と、体験的に感じていた講師にとてもしっくりくる考え方なのだそうです。
今回のクレマチスの会では、心と身体をつなぐ働きをする自律神経の、新しい考え方、ポリヴェーガル理論を紹介くださいます。

いわゆる狭義のトラウマに限らず、日々のストレスの蓄積や、そして死別悲嘆もまた同じメカニズムが考えられるとのことです。
死別の苦しみの中にある自死遺族の方々にとっても痛みの解放のきっかけにつながる講座になることと思います。
当日は、簡単なエクササイズも予定しています。体験的にもご理解いただけたらと思います。

ご参加お待ちしています。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 20:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

身体志向(ソマティック)セラピー

10月のクレマチスの会(ミニ講演会)のご案内
テーマ  「“トラウマ”の新しいセラピー ―身体志向セラピー(ポリヴェーガル理論)
を知ろう― 」
講師   古井望氏 日本女子大学 カウンセリングセンター非常勤研究員
開催日  10月14日(日曜日) 午後2時~ 
場所   本会事務局(ホームページ「アクセス」の地図を参照)
参加条件 どなたでもご参加いただけます。
参加費  500円

講師と講座内容の紹介
16才の時に自死による死別を体験し、心理的・スピリチュアルな存在としての人間に関心を向けるようになられた講師は、京都大学、東京大学で専門的に学ばれ、現在は精神科のセラピストや大学での講師、研究者としてご活躍中です。

数多くのセラピーを学ばれた中で、この数年魅力を感じて学んでいるのが、身体志向(ソマティック)セラピーだそうです。“悲しみは心だけで感じるものではない、細胞が記憶するような、全身の反応だ”と、体験的に感じていた講師にとてもしっくりくる考え方なのだそうです。
今回のクレマチスの会では、心と身体をつなぐ働きをする自律神経の、新しい考え方、ポリヴェーガル理論を紹介くださいます。

いわゆる狭義のトラウマに限らず、日々のストレスの蓄積や、そして死別悲嘆もまた同じメカニズムが考えられるとのことです。
死別の苦しみの中にある自死遺族の方々にとっても痛みの解放のきっかけにつながる講座になることと思います。
当日は、簡単なエクササイズも予定しています。体験的にもご理解いただけたらと思います。

ご参加お待ちしています。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 04:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT