自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほんものの傾聴(2)

こんにちは。たまねぎです。

ロジャーズ研究の第一人者の方から
「ほんものの傾聴」の講義を聴きました。

「ほんものの傾聴」とは
「ビフレンダー(聴き手)がコーラー(話し手)の話をていねいに聴く」ことであり、
コーラーは、自分の話をビフレンダーにていねいに聴いてもらっているうちに、
「自分の気持にもていねいに触れていくことができるようになり、次第に、
それまで自分でも気づいていなかった自分の気持ちに気づくようになる」
そこが要点だと話されました。

「ほんものの傾聴」の効果はこういうことなのかと、目が洗われました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

墓マイラー

クレマチスの会野外事業「墓マイラー(谷中霊園)」について報告します。

秋の好日、プラザ仲間とともに、10万㎡の広大な敷地に桜並木を始め緑が多い「谷中霊園」で「墓マイラー(お参り)」をしました。

幸田露伴の小説で有名な『五重塔』跡地で、催されている「谷中まつり」に大勢の人が集まっていました。

代表的な徳川慶喜公墓所を囲むように渋沢栄一のお墓、森繁家(久彌)のお墓がありました。

横山大観のお墓、鳩山一郎のお墓、長谷川一夫のお墓にお参りしていると、「墓マイラー」グループと出会いました。

有名人物の「墓」に手を合わせ、その生涯と死に思いを馳せていますと、「死を知る」意味が少し分かりかけた気がしました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おはようございます。今日は茶話会です。

予報では終日雨でしたが、幸いにも、天候は回復してきました。

今日は10月の茶話会の日です。

悲しみを抱えつつも今生きている、これからも生きようと模索している自死遺族の人達が、
気負わずに語り合う時間です。
心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。

開催日  毎月第1土曜日 午後2時~4時半
     10月は10月7日(土曜日)

場所   本会事務局(地図を参照))ホームページのアクセスをクリックすると、  
      詳しい地図が掲載されています。
      最寄駅は  地下鉄・千代田線「「乃木坂」です。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
       
参加費  400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です。
     話の内容はその場だけにとめおき、外部に漏れることのないよう、参加者同士での守秘義務を条件とします。
     その他、安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を大切にしあい、安全で安心できる場をつくって
     いきます。

NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほんものの傾聴(1)

こんにちは。たまねぎです。

ロジャーズ研究の第一人者の方から
「ほんものの傾聴」の講義を聴きました。

「ほんものの傾聴」とは、
ビフレンダー(聴き手)が
「コーラー(話し手)の辛さ、苦しさに
一緒に踏みとどまって聴きつづけること」であり、
「理論や技法を学んだからと言って、それができる訳ではない」と言われました。

コーラーの深い闇に一緒に踏みとどまって、聴きつづけることができるのは、
ビフレンダーが専門家であるかどうかではなく、むしろ
「本気で生きているかどうかである」
との話に、自分は果たして、本当に傾聴ができているのかと自問しました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 05:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月の分かち合いの会

同じ体験をした人たちの話に耳を傾けてみたい。
誰かにこの苦しみを聞いてもらいたい。

安心して話せる、安全な場所がここにあります。
同じ体験をして、同じ苦しみをもち、同じ悲しみを抱きながら、生きている仲間がいます。
自分のことを話さず聞くだけでもいい。
今まで言えなかった思いを、思い切り話してもいい。
その場に来て、お茶を飲んでいるだけでもいい。
すぐには変わらないかもしれないけど、何かのきっかけになるかもしれません。
毎月第3日曜日の同じ時間、同じ場所で開催されます。
同じ体験をした仲間が待っています。
2003年から、分かち合いの会をしています。
初めて参加される方にとって、安心、安全の場になりますように、このことに一番配慮しています。

開催日  毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
9月の分かち合いの会は9月17日(日曜日)です。

場所   本会事務局(ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。ご参照ください)

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります。

参加費  500円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です。
     話の内容はその場だけにとめおき、外部に漏れることのないよう、
     参加者同士での守秘義務を条件とします。
     その他、安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい、安全で安心できる場をつくっていきます
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT