自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありのままで

3月の分かち合いの会も無事に終わりました。
子どもを亡くされた方、伴侶を亡くされた方等、多くの方がご参加くださいました。

どうにも身動きがとれないほどの苦しみ、痛み、哀しみ、これから先への不安、
あるいは、少し灯りが見えてきた状況など、
今それぞれの方が抱えておられる今日話したいことを分かち合いました。

ネガティブでもポジティブでも、ありのままの今の気持ちを、
無理せず、遠慮せず、自然に吐露できる安全な分かち合いの会を、
これからも大事にしていきたいと思います。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
無理せざるを得ない日々をお過ごしでしょう。
ご体調にお気をつけてくださいね。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 06:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自死遺族のための傾聴電話(悲しみの受け皿)

今年も自死予防の特別週間につき、通常の火曜日、木曜日、土曜日、10時から18時の傾聴電話以外に、
下記の通り傾聴電話を行います。
 どうぞご利用ください。
 3月14日(火)~17日(金)10時~22時
この期間は4日間連続、朝10時から夜22時までしています。

電話番号  03-3796-5453

誰かにこのつらい気持ちを安心して話したい、聴いてもらいたい。
顔も知られず、名前も伝えなくてよい。
外に出る気力がなくても家からでもかけられる。
まずはそんな気持ちをお電話でお話されてみませんか。
自死遺族の方々の悲嘆を電話で傾聴し、その悲しみ、苦しみの受け皿となります

2004年に傾聴電話を始めて13年。
年間2000件ほど、自死遺族の方がたからのお電話を受けております。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 17:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

借り物ではなく自分なりの言葉

プラザホープの会はグリーフケア・サポートプラザの3種類の自死遺族の集い、「分かち合いの会」、「茶話会」、「プラザホープの会」の一つで、死別後1年以上たち、再出発に関心のある方たちが集まってテーマにそって自由に語り合っています。

昨日のプラザホープの会はある自死遺族の方の体験からの気づきを聴いたあとで語りあいました。
誠実にご自分の体験を語ってくださった発案者の方には感謝しています。とても心打たれる内容でした。

大事な人の自死という悲しい事実は変わらなくても、その事実の見方・視点が変化することでその後の人生が生きやすくなることが大まかな内容でした。
お話を聴き、遺された人の心に亡き人は何を残してくれたのか、それを感じたい、考えたいと思われた方は多いことでしょう。

今苦悩の中にいる方も気負わず、無理せず、少しずつ、硬く閉じた心が拓いていきますように。

人からの借り物、よそいきの言葉ではなく、その言葉を自分なりに咀嚼し、消化吸収していくプロセスの中で、自分なりのぴたりとくる言葉が見つかり、そこで初めて再出発に向かう気づきや癒しがあるのかもしれないですね。

参加者の皆さまが、時に涙溢れる、でも落ち着いた穏やかな雰囲気の中で、それぞれの想いを自由に語りあい、充実した集いになりました。
私にとってとても心に残る印象的な会でした。
次回は5月14日です。テーマなど詳細はホームページでご確認ください。

NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

受け入れることの苦しみ。そして受容後の変化

3月のプラザホープの会は3月12日(日曜日)午後2時からです。今回は自死遺族当事者の方が、以下の内容でお話下さる予定です。
「父の自死が私に遺したものとは…」

「初めは自死という形で親を亡くした事を受け入れられず、その憎しみは自分に向けられ生き辛い人生を送っていた。
しかし、自死も含めて父の事を丸ごと受け入れられるようになった瞬間、父に対して感謝の気持ちが溢れ、更には自分の事をも愛せる様になった。その経験は今の自分の生きる目的となっている。」
このように肉親の自死を丸ごと受け入れるまでの苦しみと、その受容後の精神面や生活面での変容、成長についてのお話を契機に、参加者同士で自由に思いを語り合いたいと思います。

参加資格は大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。原則として、死別後、少なくとも1年以上経過し、再出発に向けた生き方の模索に関心がある方。

会場はグリーフケア・サポートプラザの事務所です。行き方、地図などの詳細はホームページをご覧ください。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 10:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またどうぞ。お待ちしています。

3月の茶話会も無事に終わりました。

お茶やお菓子を頂きながら、今回も皆さまと自由に語り合う時間になりました。
家族の自死を伝えるか否かなど日々の様々な生きにくさと、一人一人が自分をこれ以上苦しめないための小さな工夫や姿勢などを気負わず自然体で語り合いました。

ご参加くださった皆様ありがとうございました。初めて茶話会においでくださった皆様、いかがでしたでしょうか?
茶話会は毎月第一土曜日の午後2時からしています。
またいつでもご参加ください。
お待ちしています。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 00:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT