FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二つの時間

一年一年が過ぎて、年号も変わり、思いもよらなかった疫病が流行って、世界は変わり続けています。
ひっそりと暮らしていたいと思っていても、特に去年今年の(この先もでしょうか?)コロナの影響などは誰にも分け隔てなくあるわけで、昨年春頃は毎日のようにマスクを探していました。しっかりと現実世界の中で生きていたし、今も生きています。
けれど一方で、かけがえのない人を喪ってから、ある意味時間は止まっているし、世界と自分の間に膜があるような感覚も(だいぶ薄れてはきましたが)変わりません。
止まった時間の中にずっとうずくまっていたくても、日常の雑事はありますし、時には避けられない社会生活のお役目が回ってきたりもします。それが「普通の人」にはどうということのない事でも、とても辛かったりすることが多々あるのです。

その折り合いが難しい。と感じます。
流れゆく時間と止まってる時間。苦しい、悲しい、さびしい、つらい…いろんな言葉であれからの日々を言い表す事もできますが、「難しい人生になった」というのも実感しています。

一日、一日をなるべく穏やかな気持ちで過ごす。
結局これしかないのだろうと、何度も心の中で出た結論にまた帰るのですが。
そのためにも日々、小さな喜びを見つけ大事にしていきたい。
好きなこと、楽しいこと、心和むことのリストをよく考えます。それらは1つでも多くあった方が良いのです。
そしてそのリストが自由に実現できるようになるためにも、新型コロナの収束を心から願っています。 (by パンジー)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 12:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生きている

こんにちは、れもんです。このところ寒さが厳しく、外に出ると、まるで冷蔵庫の中にいるようです。不要不急、という言葉とともに、仕事や買い出し以外は、外に出ることがおっくうになっているこの頃です。

主人も私も九州生まれで雪には慣れておらず、結婚してこちらに来た頃は、私など、雪が降ると必ず滑って尻もちをついていました。今年、九州ではめずらしい積雪があり、みんなとまどっているというのが、手に取るようにわかります。最近でこそ、雪の日仕様のブーツを履いて滑ることなどなくなりましたが、当時はそういう靴を履くいう意識すらありませんでした。雪かきの必要性など、まったく頭にはありませんでした。

できもしないのにスキーに行くのが好きだった主人と、この季節に、よく信州や那須のスキー場に車で泊まりに行ったことを思い出します。仕事が忙しい主人を、残業帰りのスーツ姿のままひろって、長野まで中央道を通って夜通し行ったことも・・・。思えばあれは幸せな日々でした。けれども、幸せだった日々は、あの日を境に、オセロゲームのコマのように、真逆になってしまいました。

幸せなんて、それをなくしたあとに気がつくものです。その最中に幸せなんて感じていません。ただ、あとでそれを思い出すというのは、そのときに、何か生きている実感というものがあったからだと思うのです。

今年の3月で、主人が逝ってちょうど10年になります。幸せだった日々を思い出すのが辛いというのは、主人が生きていた証まで否定することになってしまうんじゃないか。そう思い始めたせいか、気づけば、当時のことをしみじみと思い出すようになりました。もちろん、そのときに、わがままだった自分も同時に思い出すことにもなるのですが・・・

10年経って、これから、主人とどう生きていくのかと思っている自分に、亡くなった後も、こうして形を変えて主人とともに暮らしている自分にはっとしています。多分、亡くなったときからずっと、ともに生きているのでしょうけど。

どうか、皆さま、お体に気をつけて、せめて少しでもゆったりとした時間を過ごすことができますように。
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 06:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蠟梅

梅コピー

「立春間近の晩冬、これから最も寒い季節を迎えるのに、蝋梅の花が咲いている。
中国からやってきた蝋梅は、梅と呼ばれているが、バラ科の植物で梅ではない。
まるで蜜蝋の様な色合いの、黄色い花の花言葉は「慈愛」。
どんな寒い冬がおとずれても、必ず、生命に満ち溢れる春がやってくる。どんなに厳しい状況にあっても、必ず、解決の道が与えられる。
春を待ち望み、解決の時を待ち望み、祈りつつ歩んで行こう。by ヒソプ」
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 17:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一生懸命

「一生懸命、あの日から生きてきたよね」との言葉にみんな頷く。
かけがえのない人を亡くしてから、
どれだけの力を振り絞ってみんな生きてきたことでしょう。

あの子を亡くしてからの数年間、今思い返しても我ながらよく頑張っていたと思います。
少し気持ちが萎えるとそのまま負のスパイラルに巻き込まれて崩れ落ちてしまいそうな気がしていました。
自分が壊れないようにと、緊張して生きていた日々でした。

生きることの大変さといのちのかけがえのなさを教えてくれたのは、亡き人。
感謝し、思い出し、痛みを感じつつ、
それでも私は今を大切に生きています。
そんな生き方が出来るようになってきました。年月はかかりましたが。(by なすび)
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 17:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シクラメン

シクラメンコピー
シクラメンを一鉢購入しました。
玄関に置くと、辺り一面が華やぎます。

子供のころ、冬になるとシクラメンとサイネリア、プリムラの鉢がリビングを飾り、愛らしい花たちを眺めるのが楽しみでした。
サイネリアとプリムラはいつの間にか花屋の店頭では見かけなくなりましたが、シクラメンは今も冬の花の定番。
花好きなのですが、シクラメン栽培は苦手でいつも途中で情けない状態に萎らせてしまい、最近は購入しなくなっていました。

今回購入したのは、花屋さんからではなく、東京郊外のシクラメン栽培農家の直送便。
クリスマスを過ぎ、びっくりするほどに値下がりしたシクラメンをネットで購入してみたのです。
想像以上に立派で新鮮な大鉢のシクラメンが到着して、申し訳ないくらい。
久しぶりに、シクラメンと同居する冬。
春先まで元気に花を咲かせて続けてくれますように。

この一鉢が、寒さと、コロナでどこにも出られない冬を活気づけて、少し気分を上げてくれます。前向きのエネルギーがちょっと湧いてきました。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 15:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT