FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感性豊かな若者の死

32歳の歌人萩原信一郎さんの初歌集『滑走路』が再販を重ねているそうです。
心に残った歌のいくつかを忘れないように記しておきます。

『マラソンに置いてきぼりにされしとき初めて僕は痛みを知った』

納得のいかない困難な今を一人で乗り切るしかない心細さと心の痛み。
大人になるとは、大切に守られていたゆりかごから出ていくことかもしれない。孤独、虚しさ、不安、不条理感を秘めつつも、彼は決してあきらめず、未来を見つめて生き続けた。

「サラダ記念日」で若くしてデビューした歌人俵 万智さんは下記のように紹介しています。
「ピュアな言葉に思う。短歌は、彼の濾過装置。
自在な表現に思う。短歌は、彼の翼。
真っすぐに心を射抜く短歌が、ここにある」

『挫折などしたくはないが挫折することしばしば 東京をゆく』
『プラトンは偉大で 僕は平凡だ プラトンの書を読みつつ思う』
『まだ早い まだ早いんだ 焦りたる心は言うことを聞かない犬だ』
『生きるのに僕には僕のペースあり飴玉舌に転がしながら』
『あの角を曲がれば そうさ 新緑に出会えるはずと心躍れり』
『太陽のような光に出逢いたく林檎をぱーんと二つに割りぬ』
『三十路には距離があるから春の日のために翼を見つけ出さねば』
『歌一首湧いてくるなり柔らかい心の部位を刺激されつつ』
『街風に吹かれて「僕の居場所などあるのかい?」って疑いたくなる』
『消しゴムが丸くなるごと苦労してきっと優しくなってゆくのだ』
『この街で今日もやり切れぬ感情を抱いているのは僕だけじゃない』

初版が出る直前に自死したことから、辞せいの歌ととる人が多いが、そのようにとって欲しくはない、彼は生きようと思っていたことを分かってほしい、ご家族はそう語っておられます。

彼は「生きよう」と自分をどれほど励まし続けたことでしょう。歌からそのことが読み取れて、亡き息子と重なり心が疼きます。
自分の思い通りにはならない現実の中で懸命に生きる若者。
若さゆえに懸命なのです。若さゆえに世の歪をもろに受けるのでしょう。
ほどほど、いい加減にはできない若者の一途さはすばらしいけれど、困難ともろにぶつかり苦悩の中を懸命に生きる。そんな繊細な感受性で詠んだ歌の数々。
暗いだけではないし、視野が狭いわけではない。光を見ています。未来への広がりも感じます。
現実の息苦しさの中で必死に戦っています。そこが一層読むものの心に突きさります。

もう少し、あともう少し生きてくれれば、また違う景色に出会えたかもしれません。
高いプライドと繊細さゆえに生きていることに疲れて、ふとあちらの世界に足を踏み入れてしまったのでしょうか。
誰にも真実はわかりません。

「今でも、あの街角を歩いていて、人懐こい笑顔で「ただいま」と帰ってくるような気がしてなりません。優しい穏やかな息子でした。」とのご両親のあとがきに、生き急いだ人と遺された家族の想いがひしひしと伝わってきます。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 17:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月の茶話会のご案内

年の瀬が近づき、華やかな街に心が揺れる日々をお過ごしかもしれません。
自死遺族になったがために、おりおりに湧き起る様々な思いを語りあい、聴くことができる場があります。
グリーフケア・サポートプラザでは3つの異なる自死遺族の集いを開催しています(詳細はホームページをご覧ください)。
茶話会は、自死遺族の方同士が心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。どなたもご参加いただけますが、分かち合いの会(グリーフケア・サポートプラザでは毎月第3日曜日に開催しています)に参加されて気持ちがそれなりに落ち着かれた方、遺族どうしの交流や情報交換などを希望される方がご参加されています。
ちょっと外に出るのが辛い方、感情が溢れ出る死別後間もない方には、傾聴電話もあります。こちらもどうぞご利用くださいね。

茶話会の詳細です。
開催日  毎月第1土曜日 午後2時~4時半。12月は12月1日。午後2時から。

場所    本会事務所 (ホームページの「アクセス」の地図を参照))
       〒107-0052 東京都港区赤坂9-2-6カルム第2赤坂103
         Tel: (03) 5775-3876
最寄り駅  地下鉄メトロ 千代田線 「乃木坂」駅 2番出口  徒歩6分
                  「赤坂」駅  6番出口   徒歩8分

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
       
参加費  400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です。
      話の内容はその場だけにとめおき、外部に漏れることのないよう、参加者同士での守秘義務
      を条件とします。
      その他、安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を大切にしあい、安全で安心
      できる場をつくっていきます。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 19:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのちがこんなに 愛しいのは

カソリック信者ではないのですが、自死者のための追悼ミサに参加し、
修道女の方たちが歌う澄んだ聖歌が心に深く沁みました。

『「いのちがこんなに尊いのは この世に たったひとつだから
いのちがこんなにきれいなのは 神様が心をこめてるから
いのちがこんなに愛しいのは それは あなた あなたのいのちだから」
・・・・・・・・
「とうさんがいて 母さんがいて 家族がいて みんながいて
そして あなたが生まれた あふれる愛に満たされて」・・・・』
                         (いのち 永遠に (世を去る友へ) 古木 涼子から)

それなのに、どうして こんなにも早く別れなければならなかったのでしょう。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 03:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴木家の嘘

こんにちは。なすびです。
映画「鈴木家の嘘」が封切られ、初日に見に行きました。

嘘をつくしかなかった自死遺族をコメディータッチで描いています。
映画館では、時々笑い声も起き、重い現実をコミカルに表現している手腕に脱帽です。
自死をテーマにした映像を見るのは苦手な私も最後まで見ることが出来ましたし、見終わった後ほっとしました。少し心が軽くなったような気もしました。

監督が脚本を練ることから取り組んだこの映画は、長い間家族の自死を真っ正面から見つめることが出来なかった監督自身の再生物語であるのかもしれません。
しかし、監督ご自身、実は映画を撮り終えても、何ら自分の心の痛みが減っているわけではないとも語っておられ、大事な人を亡くした自死遺族の持つ複雑な心のひだ、心の痛みは書いたり、語ることだけで、どうにかなるほどシンプルなものではないことをつくづくと感じます。
それでも語ることがいかに大事であるかは、妹役の役者が分かち合いの会で兄への思いを真に迫る演技で語る場面で感じました。観ている私も彼女の語る言葉の数々に共感し、心が揺り動かされ、癒されもしたのです。
怒りも、悲しみも、寂しさも、悔いも、悔しさも、疑問も抱えつつ生きていく妹の姿が自分とシンクロして心に沁みます。

厳しいテーマ、激しい言葉の中に流れている温かく、優しく人を見る目は監督の目でもあるのでしょう。
重いテーマでありながら心が温かくなったのはそのせいかもしれません。
かけがえのない人を亡くしたその後を精いっぱい健気に生きる家族一人一人の物語でもあると思います。

熱演するベテランの俳優さんたちと、真摯な想いで自死に真正面から取り組んだ監督の作り出すハーモニーが絶妙で、とてもまじめでシリアスでありながら、可笑しくもあり、心にじわっときて涙をぬぐう場面、悲しみに突き動かされる場面もありました。
登場人物のデフォルメされた個性は、その際立った個性が胸に響きました。人はその人らしさから抜け出ることは難しい。死別の痛みと向きあうグリーフワークにおいてもそうなんだと妙に納得しました。

コミカルな場面が多いのですが、自死した直後のリアルな姿の場面もあるので、辛いと感じる方もおられるもしれません。
でもこの衝撃的な受け止め難い恐怖を伴う痛みこそが自死遺族が抱えているまさに秘めた苦しみ、語らぬ苦しみであり、この映画では必要な場面だったと私は思いました。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 03:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月の分かち合いの会は18日(日曜日)です。

同じ体験をした人たちの話に耳を傾けてみたい
誰かにこの苦しみを聞いてもらいたい

安心して話せる 安全な場所がここにあります
同じ体験をして 同じ苦しみをもち 同じ悲しみを抱きながら
生きている仲間がいます
自分のことを話さず聞くだけでもいい
今まで言えなかった思いを 思い切り話してもいい
その場に来て お茶を飲んでいるだけでもいい
すぐには変わらないかもしれないけど 何かのきっかけになるかもしれません

毎月第3日曜日の同じ時間 同じ場所で開催されます
同じ体験をした仲間が待っています

開催日  毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
      次回開催日は11月18日(第三日曜日)

場所  グリーフケア・サポートプラザの事務所
    東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
交通  東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅2番出口  徒歩5分
              「赤坂」駅7番出口   徒歩7分
※ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります

参加費  500円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
     話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
     参加者同士での守秘義務を条件とします
     その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 21:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT