FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

涙でパンを食べたものこそが・・・

天候不順な日が続いています。ご体調はいかがでしょうか?
なすびです。

沖縄にとんぼ返りで行ってきました。
用事で出かけたため、観光をする時間はなく、ホテルと目的地を往復しただけ。
それでも大きな収穫がありました。

わずかな滞在期間でしたが、
沖縄の人の裏表のない誠実さ、素朴な温かさに触れることができました。
一番苦しいのは、患者さんを自死で亡くしたことなんですと、顔を真っ赤にして、涙をためて言われた精神科のお医者さんの表情を忘れることができません。
家族にとって、自死で大事な人を亡くすことは、天地がひっくり返り、生き方すらも変わってしまう大きな哀しみです。
自分だけがこんな痛みを味わっていると、つい心を閉ざし勝ちですが、一人の人の自死にどれだけの方が長く苦しむことかと、改めて体感しました。

私もこんなに辛いけれど、息子の主治医もきっと辛い体験だったのだろう。
そうであって欲しいと思います。一人の人の死として、息子を悼んでいただけていたらと願います。

深い痛みを体験したからこそ、大きな存在を失ったからこそ、新しい何かが芽生えるような気がします。
それこそが亡き人が遺してくれた大切なもの。

苦しみさえも何かに変わる、それは形あるものかもしれないし、自分の心の変化なのかもしれません。
変化の芽生えをなかなか実感できないのは苦しいことです。
でもいつか・・・を信じて、どうか何とか、今日一日をやり過ごしてくださいね。
苦しみ抜いているご自分を労わる時間が持てますように。
そんな日を積みかさねるうちにいつか少しずつは、ラクにはなっていきます。
年月をかなり経て、過ぎた日を振り返ると変わってきた自分を感じるのは確かなのです。

今苦しんでいるあなたへ。
ちょっと押しつけがましいかもしれません。お気持ちと違い過ぎたらごめんなさい。
先のことではなく、今苦しいのが耐えられない程、辛いのですものね。私もそうでした。
 NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほんものの傾聴(2)

こんにちは。たまねぎです。

ロジャーズ研究の第一人者の方から
「ほんものの傾聴」の講義を聴きました。

「ほんものの傾聴」とは
「ビフレンダー(聴き手)がコーラー(話し手)の話をていねいに聴く」ことであり、
コーラーは、自分の話をビフレンダーにていねいに聴いてもらっているうちに、
「自分の気持にもていねいに触れていくことができるようになり、次第に、
それまで自分でも気づいていなかった自分の気持ちに気づくようになる」
そこが要点だと話されました。

「ほんものの傾聴」の効果はこういうことなのかと、目が洗われました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

墓マイラー

クレマチスの会野外事業「墓マイラー(谷中霊園)」について報告します。

秋の好日、プラザ仲間とともに、10万㎡の広大な敷地に桜並木を始め緑が多い「谷中霊園」で「墓マイラー(お参り)」をしました。

幸田露伴の小説で有名な『五重塔』跡地で、催されている「谷中まつり」に大勢の人が集まっていました。

代表的な徳川慶喜公墓所を囲むように渋沢栄一のお墓、森繁家(久彌)のお墓がありました。

横山大観のお墓、鳩山一郎のお墓、長谷川一夫のお墓にお参りしていると、「墓マイラー」グループと出会いました。

有名人物の「墓」に手を合わせ、その生涯と死に思いを馳せていますと、「死を知る」意味が少し分かりかけた気がしました。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おはようございます。今日は茶話会です。

予報では終日雨でしたが、幸いにも、天候は回復してきました。

今日は10月の茶話会の日です。

悲しみを抱えつつも今生きている、これからも生きようと模索している自死遺族の人達が、
気負わずに語り合う時間です。
心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。

開催日  毎月第1土曜日 午後2時~4時半
     10月は10月7日(土曜日)

場所   本会事務局(地図を参照))ホームページのアクセスをクリックすると、  
      詳しい地図が掲載されています。
      最寄駅は  地下鉄・千代田線「「乃木坂」です。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
       
参加費  400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です。
     話の内容はその場だけにとめおき、外部に漏れることのないよう、参加者同士での守秘義務を条件とします。
     その他、安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を大切にしあい、安全で安心できる場をつくって
     いきます。

NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |