FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

13回忌

お久しぶりです。なすびです。
法事をしたわけではありませんが、13回忌が過ぎました。
歳月がこんなにも流れたことに不思議な思いがします。

それでも、
新緑とつつじが美しい芝生墓地に佇むと、
ここであの子が眠っていることが現実であることを感じます。

「残念なことよね。明るい声と笑顔が忘れられない」と友に言われると、生きていてほしかったと、今でも思います。
ひたむきさと優しさが忘れられないと語ってくれる人の言葉には在りし日を想いだします。
全て遠い昔のことになりました。
せめて今は穏やかに眠っていて欲しいとも思います

いつまでたっても諦めきることは難しく、
いつまでたってもいくらかの未練が残ります。
それでも、今日一日のささやかな楽しみを探せるようになりました。

今苦しい貴方へ。
悲しみは消えなくても、苦しみは減っていきます。
苦しみが減ってくると、少しだけ今生きている自分を感じられるようになるかもしれません。
一年、一年。そんな気がするようになっていきます。

亡き人のいのちが大事だったように、今生きている自分のいのちも大事。
今は無理でも、いつかそんな風に思えるときはやってきます。
寂しい気持ちと生きていく覚悟、二つの異なる思いを抱えながら
生きていくのが遺された私達でしょうか。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PTG

始めましてダイコンです。

最近、PTGという言葉を知りました。人は苦しみから成長することが出来るという意味だそうです。

確かに昔と比べて、息をするのがラクになったとか、何が大切かが見えてきたとか、人を信じられるようになってきたとか、自分が変化してきている事は感じます。

でもそれは子供たちを犠牲にして手に入れたのだという罪悪感があり、とても人には語れないと思っていました。

でもPTGの言葉に出会って、成長している思いと、子供たちに済まないという想いの二つをセットにして抱えていてもいい、両の手で持って生きていてもいいと思えるようになりました。
心は絶えず変わっていくことを実感しています。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫まんま

昨晩の残りの味噌汁を温めてご飯にかけた猫まんまを朝ご飯にした。
食欲のない時に食べる手抜きインスタント朝食。

それを見た家族が「Mも猫まんま好きだったね」と言う。
そうだったのか!私は不覚にもそのことを全く忘れていた。

M,が食べている様子、その時の表情、声までが蜃気楼のように思い浮かぶ。
覚えていてくれた家族が有難く、
同じものを好んでいたMを懐かしく身近に感じた朝。

こんなたわいもない会話の中で、
Mはふいと姿を現してくれ、
心がふわっと温まる。

思い出すことすらも辛かった昔。
今は思い出すことが時に慰めになり、時に悲しみにもなる。
気持ちは必ず変化していくもの。
同じところに居続けるわけではないみたいです。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 22:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歳月と悲嘆について

プラザホープの会は、再出発に向けて希望を模索しあう自死遺族の集いです。
今年度から年間テーマを定めました。
2018年度の年間テーマは「歳月と悲嘆について」といたします。
このテーマを軸として、各回話し合っていく予定です。
5月のプラザホープの会は、
テーマ:「大事な人を亡くしてから、これから、何が生きる上での慰めになるか」
大切な人を自死で失ってから、悲しみや苦しみを抱えながらもなんとか生きている。
そうして時が経過していく途上で、何が生きる上での慰めとなり、今後の自分を支えるのか…。
今の自分を少し俯瞰しつつ、率直に参加者同士で語り合える場になればと思います。

開催日:  奇数月の第2日曜日 午後2時~4時半。
       次回は5月13日(日)14:00~16:30です。

場所:   本会事務所(ホームページの「アクセス」に地図を掲載していますのでご参照
     ください)
     東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
        電話;03-5775-3876

参加条件: 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
       原則として、死別後、少なくとも1年以上経過し、再出発に向けた生き方の模
        索に関心がある方。

参加費:  500円(会員、非会員問わず)

     ご参加お待ちしています。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 14:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日5月5日は自死遺族の集い(茶話会)があります。

茶話会は、自死遺族の方同士が心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。

ゴールデンウィークの賑わいのニュースに心が揺れる日々をお過ごしだったかもしれません。
こころの中のいろいろな思いを遮られずに語ること、聴くことができる場があります。
よろしければ、どうぞご利用ください。お待ちしています。
ちょっと外に出るのが辛い方は、もちろん、明日は土曜日ですので、傾聴電話もしています。
こちらもご利用くださいね。

茶話会の詳細です。
開催日  毎月第1土曜日 午後2時~4時半。5月は5月5日。午後2時から。

場所    本会事務所 (ホームページの「アクセス」の地図を参照))
       〒107-0052 東京都港区赤坂9-2-6カルム第2赤坂103
         Tel: (03) 5775-3876
最寄り駅  地下鉄メトロ 千代田線 「乃木坂」駅 2番出口  徒歩6分
                        「赤坂」駅  6番出口   徒歩8分

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
       
参加費  400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です。
      話の内容はその場だけにとめおき、外部に漏れることのないよう、参加者同士での守秘義務を条件とします。
      その他、安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を大切にしあい、安全で安心できる場をつくって
      いきます。     自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |