FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

厚い雲のなかを

こんにちは、れもんです。
早いもので、季節はもう晩秋を迎えます。

先日、実家に帰省しましたが、飛行機が着陸態勢に
入るとき、雲の層があまりにも厚く、一瞬、この雲
が切れなかったらどうしようと不安になってしまい
ました。

もし、このまま異次元に入り込んで、途切れることも
変化することもない灰色の雲の中をずっと飛び続ける
ことになってしまったら・・・

そのとき、ふと、主人のことを思い出しました。彼も
また、こんな灰色の雲の中を彷徨っていたのかと。
そして、自分もまた主人亡き後、灰色の雲のなかに
あったことを思い出しました。ただ、死を選んだ彼と
こうして生き続けている私の違いは何だっただろう、
と考えるけど、答は出ません。

先日、即位の礼の際、天皇が即位を宣言する前後に雨が
やみ、皇居に虹がかかりました。エンペラーウェザーと
いうのだそうです。私たちは、そうした高貴な立場には
ありませんが、それでも何か希望につながる素朴な信仰
めいたものをもつことは、大切なのかもしれません。

明けない夜はない、晴れない霧はない。

有限であること、それは終わりがあるということ。終わりが
あるというのは悲しいことですが、終わりがあるからこそ、
救われるときもあるのではないでしょうか。

厚い雲もまた、いつかは切れるときがくる。もちろん、すべて
の雲が消え去ることはないでしょう.。でも、だからこそ、碧い空が
意味を帯びてくる。終わりには始まりもまた含み込まれている。
もちろん、始まりにもまた終わりが呑み込まれています。

寒暖の差が激しくなってまいりました。皆さま、どうかお体をいたわり
ながら、お過ごしくださいますよう。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ


| スタッフ日記 | 01:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金木犀

金木犀

「いい香りだな〜と振り返ると、金木犀が満開で地面がオレンジ色に染まっていました。
金木犀の犀とは、サイのことで、木肌がサイの足に似ているところから名付けられたそうです。
金があれば、銀もあって、銀木犀は花色が白だそうです。
夕日の赤と相まって、秋を感じる色と香りの花です。     by ヒソプ」

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとくすり

なすびです。少しずつ秋が深まってきましたね。いかがお過ごしでしょうか?

学生時代に懇意にしていた古い友人から突然メールがありました。
息子を自死で亡くしてからの十余年、こちらからは全く連絡をとらなかったのですが、
喪失の苦しさが落ち着いてきた今、ふと声が聴きたくなり返信しました。
すぐに、電話がかかってきて、
彼女もその間さまざまな出来事で苦労していたことを知りました。

人生の悲しみ・苦悩を噛み締めた者同士の久しぶりの会話。
二人共に、若い頃の気負いやとんがりは消え、
今を何とか静かに生きようとしている。
若かった頃を知っている古い友の大切さがひたひたと心に充ちていきました。

新たな出会いや懐かしい人との再会。
辛い体験をした者にとって、「人との出会い」には躊躇や少しの勇気が必要なのですが、「ひとくすり」ならではのしみじみとした温かな気分は他の支えや慰めとは違うように感じます。
他者とのこころやすらぐつながりが生きる力に関わってくるのかもしれません。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ

| スタッフ日記 | 03:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月の分かち合いの会は20日です。

みんなどんな風にしてこの苦しみの日々を過ごしているのだろう。
同じ体験をした人たちの話に耳を傾けてみたい
誰かにこの苦しみを聞いてもらいたい

安心して話せる 安全な場所がここにあります
同じ体験をして 同じ苦しみをもち 同じ悲しみを抱きながら
生きている仲間がいます
自分のことを話さず聞くだけでもいい
今まで言えなかった思いを 思い切り話してもいい
その場に来て お茶を飲んでいるだけでもいい
すぐには変わらないかもしれないけど 何かのきっかけになるかもしれません

毎月第3日曜日の同じ時間 同じ場所で開催されます
同じ体験をした仲間が待っています

開催日  毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
      10月の開催日は10月20日(第三日曜日)

場所  グリーフケア・サポートプラザの事務所
    東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
交通  東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅2番出口  徒歩5分
              「赤坂」駅7番出口   徒歩7分
※ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります

参加費  500円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
     話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
     参加者同士での守秘義務を条件とします
     その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 16:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心の変遷

こんばんは、なすびです。
以前に書き留めていた言葉をたまたま見つけました。
「・・・でも、きみはみつからない。
それでいいんだ。
やっとぼくは気づいたよ。
きみはみつからない。
だからきみはどこにでもいるんだ。
何かを見れば、それがきみだ。
きみは全てだ。
だから、きみをみつけようとしてもしかたがない。
きみはいない。
だから、ぼくはいつもきみといる。・・・」
        小説「きみは金色の雨になる」より

読んだのは、自死遺族になって3~4年のころ。
あのころは、花、鳥、空、山、樹、なにを見てもそこに亡き人を感じていました。
どこにでも「きみ」を見つけていました。亡き人が精いっぱい遺された自分を支えてくれているような、そんな感覚、思い込みがあったのです。思い込みを持つことでなんとか絶望的な喪失の中を生きてこられたような気もします。

十余年が過ぎ、「きみ」は遠くで、静かに眠っているような静謐な感覚に時になります。
愛する亡き人は今「ゆっくりしているんだよ」って語って下さった方の言葉を、そのまま素直にそうかもしれないとも思うのです。
亡き人との心情的な絆・つながり方は心の変遷とともに少しずつ変っていくものなのでしょうね。多分。

貴方は今どんな風に亡き人と繋がっておられますか?

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 01:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風接近の為、10月12日(土)の傾聴電話は中止です

明日10月12日の傾聴電話は、多くの交通機関が計画運休のため、
中止いたします。

皆さまの地域の台風被害が甚大になりませんように、
お祈りいたします。
土曜、日曜、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村
      

| スタッフ日記 | 19:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニ講演会中止のお知らせ

台風が関東地方に接近のため、
10月13日に予定していたミニ講演会=クレマチスの会は、
中止になりました。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 22:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニ講演会:自死遺族が被る社会的偏見や差別への取り組みと課題

クレマチスの会(ミニ講演会)のお知らせです。
第59回クレマチスの会
テーマ:「自死遺族が被る社会的偏見や差別への取り組みと課題」
日 時:2019年10月13日(日)午後2時~ ※台風接近のため、開催中止となりました
講 師:岡本洋子 氏(熊本学園大学特任講師)
場 所:当会事務局(ホームページのアクセスに掲載している地図を参照)
参加費:500円

〈講師プロフィール〉
熊本学園大学特任講師。米国ネバダ州立大学大学院社会福祉学研究科修了。修士(Master of Social Work)
久留米大学大学院医学研究科(疫学・予防医学)修了。修士(医学)
熊本学園大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程修了。博士(社会福祉学)
専門:社会福祉援助技術、精神保健福祉

〈講師より〉
今回、私は自死遺族の方々が抱える苦悩について特に、自死で家族が亡くなったことにより遺族が被っている社会的偏見や差別である二次的被害の現状について、ご協力いただいた方々に聞き取り調査を実施いたしました。
その結果をご報告させていただきたいと思います。

そして、それらに対する取り組みはどのようになされており、またどんな課題があるのかなどについても関連する専門分野での現状をお話しさせていただきたいと思います。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 00:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月の茶話会は10月5日(土)午後2時~4時半です

10月にはいりましたね。10月の茶話会は明日の土曜日です。
茶話会は自死遺族の方同士が心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。
今の気持ちや一人一人のさまざまな生き方、日々の過ごし方などについて自由に語り合っています。
喪失の激しい痛みが少し落ち着いた方たちの親睦と情報交換の場です。

茶話会開催日  毎月の第1土曜日 午後2時~4時半頃
10月は10月5日 午後2時からです。
場所   本会事務局(ホームページのアクセス欄に地図が掲載されています)

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
分かち合いの会など自死遺族の会に参加したことのある方で、ある程度感情の揺れが落ち着い
た方。死別後1年以上経たれた方。

参加費 400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
      話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
      参加者同士での守秘義務を条件とします
      その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
      大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

*参加希望の方は 当日連絡なしの参加で大丈夫です。
お気持ちが向かれたら是非どうぞ。

なお、
死別後間もない方や、大事な人を亡くした喪失の痛みで苦しい方、遺族の集いに初めて参加する方には「分かち合いの会」があります。こちらは毎月第三日曜日に開催しています。どうぞご参加ください。お待ちしています。10月は10月20日(日曜日)午後2時からです。詳細はホームページでご確認ください。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 03:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |