FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山茶花

再度山茶花!cid_C61DE93E-3E4B-417A-80EE-918D21809085

「サザンカ、サザンカ咲いた道
焚き火だ、焚き火だ落ち葉焚き・・・
サザンカ(山茶花)の花を見ると、ついこの童謡が頭に浮かぶ。
今の時代、街中で焚き火をする人はいない。今や不法行為か?
寒い風の中、けなげに咲くサザンカを見ると、心が暖かくなる。
クリスマスがもうすぐやってくる・・・by ヒソプ」

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静かな秋

こんばんは、なすびです。

どこか鄙びた洗練されてはいない景色に心慰められる都内の庭園。
あまり人に出会わないのも好きな理由の一つかもしれません。

saido009 - コピー

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 23:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出来ることなら、もう一度

最近またホットケーキがブームなのだとか。
涼しくなってきた日曜日のお昼に、久しぶりにホットケーキを焼きたいなって、考えています。幼いころデパートで食べた味に似ている随分昔のレシピで。
以前と違うのはそれを好んで食べる息子がもういないこと。
でも、その現実にも慣れてきているような気もします。

長い間どんな慰めの言葉も受けいれることが出来なかったのですが、
年月の経過が、静かで穏やかな時間を時に届けてくれます。
でも、出来ることなら「美味しいね」と言う彼の声をもう一度聞きたい。

現実を受けとめる穏やかな時と時々不意にやってくる深い喪失感。
二つの相異なる想いの間を行き来するのが、かけがえのない人を喪った者の自然な日々。
頑張り過ぎてもう大丈夫と思わないで、そのときどきのありのままの自分の気持ちを
「無理もない」と受けとめていければと思って過ごしています。
自分で自分のグリーフをケアすること(セルフコンパッション)って、
大事なことだとしみじみ思います。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 22:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月の分かち合いの会は17日です。

11月の分かち合いの会は明日17日です。

みんなどんな風にしてこの苦しみの日々を過ごしているのだろう。
同じ体験をした人たちの話に耳を傾けてみたい
誰かにこの苦しみを聞いてもらいたい

安心して話せる 安全な場所がここにあります
同じ体験をして 同じ苦しみをもち 同じ悲しみを抱きながら
生きている仲間がいます
自分のことを話さず聞くだけでもいい
今まで言えなかった思いを 思い切り話してもいい
その場に来て お茶を飲んでいるだけでもいい
すぐには変わらないかもしれないけど 何かのきっかけになるかもしれません

毎月第3日曜日の同じ時間 同じ場所で開催されます
同じ体験をした仲間が待っています

開催日  毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
      11月の開催日は11月17日(第三日曜日)

場所  グリーフケア・サポートプラザの事務所
    東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
交通  東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅2番出口  徒歩5分
              「赤坂」駅7番出口   徒歩7分
※ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります

参加費  500円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
     話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
     参加者同士での守秘義務を条件とします
     その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自死者と自死遺族の尊厳

自死について、「弱い人」「身勝手な人」「耐える力がなかった人」だから自死したとの批判を以前は耳にしました。
でも心ある人々の間では、「社会的に追い込まれた末の死」と捉えて、自死するまでに追いこまれた人の苦しみを理解する方向になってきているように感じることもあります。

一方、自死遺族への眼差しは、どうなのでしょう。
自死は防げるとのスローガンが極端に影響しているのか、
「なぜに気づけなかった」「大切にしなかったのでは」「家庭に問題があったのでは」「幼い頃からの育て方」等、自死の原因を身近な誰か・何かに押し付けがち。
自死遺族は大事な人を亡くした哀しみの上に、自分を責め、他者からも特別な目で見られる痛みを抱え、何重もの苦悩に耐え続けます。

かけがえのない人を亡くすと、他者から責められなくても、遺族はずっと悔い、痛みを抱えて生きていきます。
自死者も自死遺族も、色眼鏡で見られない社会、責められなくてすむ社会になればと願うのは私一人でしょうか。
11月10日のプラザホープの会では、なかなか語りにくい自死で遺された人の本音を気負わず語り合えればと思います。

【2019年11月10日(日)午後2時~午後4時半】
テーマ: 自死遺族にとってのグリーフワークⅢ
「自死者と自死遺族の尊厳について、一緒に考えませんか」

場所: 本会事務局(ホームページのアクセスに掲載している地図を参照)
参加条件:大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。原則として、死別後、少なくとも1年以上経過し、再出発に向けた生き方の模索に関心がある方。

参加費:500円(会員、非会員問わず)

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 11:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月10日のプラザホープの会のお知らせ

11月のプラザホープの会のお知らせです。

【2019年11月10日(日)午後2時~午後4時半】
テーマ: 自死遺族にとってのグリーフワークⅢ
「自死者と自死遺族の尊厳について、一緒に考えませんか」

自ら命を絶つ人や遺された家族等に対する世間の眼差しはきびしく、冷ややかな印象が多く見受けられます。
その批判的な目線に遺族たちは心をえぐられ、一層自責感を深くし、社会の隅で孤立しがちとなることが多くなりましょう。
そのように心痛み、孤立しがちな自死遺族同士で、亡き人や自身の尊厳を再び回復していく方向について、じっくりと考え、共に語り合いませんか。
ご参加お待ちしています。

開催日:奇数月の第2日曜日 午後2時~4時半
     11月は11月10日(日)午後2時~午後4時半
場所: 本会事務局(ホームページのアクセスに掲載している地図を参照)

参加条件:大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。原則として、死別後、少なくとも1年以上経過し、再出発に向けた生き方の模索に関心がある方。

参加費:500円(会員、非会員問わず)

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 03:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲しみの中で

こんばんは。なすびです。涼しくなってきましたね。
風邪などひかれていませんか?

深い絶望を味わったからこそ、
感じること、わかることがあるような気がします。

大事な人を亡くした深い悲しみの中に、
新たな芽生えの種が眠っているのかもしれない。

それが何なのかは、ひとりひとり違うでしょうし、
それがいつ芽をだすのかもそれぞれ違うでしょう。

遺された人の多くに共通するのは、
亡くなった人が大事な人であったということ。
だからこそ、喪失から気づくことがあるのかもしれない。

私が少しだけ分かったのは、ひとりひとり心の中の思いは違うということ。
相手の思いをわかることは簡単なことではなく、自分の思い込みの危険があるかもしれないこと。
何も言わず、言えずにじっと耐えている苦しい人がいるのだということ。

私の勝手な「きっと大丈夫」との思い込みがなければ、
亡き人は今も生きていたかもしれない。
そんな痛みを心の奥深くに抱えつつも、
他者を深く理解することはたとえ親子でも、誰にも出来ない無理なこと、人としての限界なのだと、冷静に思ったりもするのです。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 01:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月の茶話会

暦の上では今日から11月。
11月の茶話会は明日の土曜日です。

茶話会は自死遺族の方同士が心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。
今の気持ちや一人一人のさまざまな生き方、日々の過ごし方などについて自由に語り合っています。
喪失の激しい痛みが少し落ち着いた方たちの親睦と情報交換の場です。

茶話会開催日  毎月の第1土曜日 午後2時~4時半頃
11月は11月2日 午後2時からです。

場所   本会事務局(ホームページのアクセス欄に地図が掲載されています)

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
分かち合いの会など自死遺族の会に参加したことのある方で、ある程度感情の揺れが落ち着い
た方。死別後1年以上経たれた方。

参加費 400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
      話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
      参加者同士での守秘義務を条件とします
      その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
      大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

*参加希望の方は 当日連絡なしの参加で大丈夫です。
お気持ちが向かれたら是非どうぞ。

なお、
死別後間もない方や、大事な人を亡くした喪失の痛みで苦しい方、遺族の集いに初めて参加する方には「分かち合いの会」があります。こちらは毎月第三日曜日に開催しています。どうぞご参加ください。お待ちしています。11月は11月17日(日曜日)午後2時からです。詳細はホームページでご確認ください。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 06:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |