FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

年末も年始も傾聴電話を実施しています。

毎週 火曜日、木曜日、土曜日  午前10時~午後6時に、
認定NPOグリーフケア・サポートは自死遺族の方の為の傾聴電話をしています。

年末の12月28日(土)、12月31日(火)、
年始の1月2日(木)も傾聴電話は休みません。

誰かに このつらい気持ちを安心して話したい 聴いてもらいたい
顔を知られず 名前も伝えなくてよい
外に出る気力がなくても家からでもかけられる
まずはそんな気持ちを お電話でお話されてみませんか

自死遺族の方々の悲嘆を 電話で傾聴し 
その悲しみ 苦しみの 受け皿となります

受付時間  火曜日、木曜日、土曜日  午前10時~午後6時

電話番号  (03)3796-5453


※自死遺族の方に限定します
※スタッフは専門の研修を受けた者です
 研修後も検討会を実施し 研鑚を続けています

NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 19:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あのころ

こんばんは、なすびです。昨日は冬至。今日も冬らしい寒い一日でした。

藍の染付の古い器のコレクションに凝っていたころ、各地の骨董屋や骨董市に出かけは探していました。
私のささやかなお小遣いで買えるような小さな器ばかりで、数は沢山あるのですが高価なものは一つもありません。

虎模様のご飯茶碗を見つけたのはかなり昔。
堀出し物を見つけた時のワクワクした気分を今でも覚えています。
精悍さに欠けるちょっと優しくて頼りなげな猫みたいな虎の絵に、
どこか息子の面影が重なって嬉しくなったのです。

虎模様の古い器に、彼はあまり興味はないようでしたが、
あの頃、寅年生まれの息子は確かに生きていました。

もう会えないことが不思議に思えることが今でもあります。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 18:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風に吹かれて

こんにちは、れもんです。
さすがに12月前半までは目を楽しませてくれた紅葉も
日に日にくすみはじめ、ふっと落ちゆく季節となりました。
気づいてみれば、12月も後半・・・早いものです。

先日、夕方から少し風が強まったときがあり、仕事の帰り、
最寄りの駅から自宅に向かう際、早く家に着きたいと思い
つつ、ふと薄暗くなった曇り空を見あげたのでした。

まとまりがないけど、何か一団となって、風に吹かれて
飛んでいる。よくみると、それは、高所にある木々から
放たれた枯れ葉でした。

風に翻弄されているかのようにも見えるその枯れ葉を見な
がら、ふと、人は皆こうしてどこに行き着くかもわからず、
流れのままにしか生きていけないものなのかと思いました。

夫は、あまりに自分が重たすぎて、自らの重みを軽やかに
しなければ、風に吹かれて生きてくことはできなかったの
かもしれない・・・

枯れ葉は、やがて行き着いたところで、何かの形で別の
命の自分をつなぐことができる。自然のなかで、こうして
夫の命も何かにつながれていったのだろうか。

そう思うと、何だか急に涙がこみ上げてきました。

亡き人を巡って、その年々の気づきがあります。亡くなっても、
共に生きていると思う瞬間です。でも、それは悲しい瞬間でも
あります。

年の瀬のあわただしい時期ですが、どうか皆さま、くれぐれも
ご自愛くださいますよう、少しでも落ち着いてお過ごしできます
よう、お祈り申しあげます。

来年もまたよろしくお願いいたします。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 06:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのちあるだけで

庭に埋めた枇杷の種。
2階の屋根を超すほどに大きくなった枇杷の木は、
何故か虫が付きやすく病気になりある日、切られてしまいました。

小さな手でにこにこしながら種を埋めていた息子。
息子にも、彼が植えた枇杷の木にも、もう二度と会えない。
いのちのはかなさ。 一度だけの出会い。
息子と死別後、せめてあの枇杷の木があればと、どれほど思ったことでしょう。

4年前、ベランダの鉢に植えた枇杷。
まだ幹は細く小さな枇杷の木。
でも、4年で葉は大木の枇杷と同じくらいの大きさになりました。
たとえ実がならなくても良いのです。
青い元気な葉を茂らせてくれるだけで。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 19:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月の分かち合いの会のご案内

12月の分かち合いの会は15日です。
みんなどんな風にしてこの苦しみの日々を過ごしているのだろう。
同じ体験をした人たちの話に耳を傾けてみたい
誰かにこの苦しみを聞いてもらいたい

安心して話せる 安全な場所がここにあります
同じ体験をして 同じ苦しみをもち 同じ悲しみを抱きながら
生きている仲間がいます
自分のことを話さず聞くだけでもいい
今まで言えなかった思いを 思い切り話してもいい
その場に来て お茶を飲んでいるだけでもいい
すぐには変わらないかもしれないけど 何かのきっかけになるかもしれません

毎月第3日曜日の同じ時間 同じ場所で開催されます
同じ体験をした仲間が待っています

開催日  毎月の第3日曜日 午後2時~4時半頃
      12月の開催日は12月15日(第三日曜日)

場所  グリーフケア・サポートプラザの事務所
    東京都港区赤坂9-2-6 カルム第2赤坂103号
交通  東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅2番出口  徒歩5分
              「赤坂」駅7番出口   徒歩7分
※ホームページの「アクセス」に地図を掲載しています。

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します
     同じような体験者同士の分かち合いが中心になります

参加費  500円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
     話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
     参加者同士での守秘義務を条件とします
     その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
     大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 04:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

慌てず焦らず、そのうちに

おはようございます。なすびです。
昨日は随分と寒い日でしたね。お変わりなくお過ごしでしょうか。

暖房器具の前でのんびり、ゆったり、うたた寝三昧の猫2匹。

ストレスで疲れた時
安心しきって寝ている猫を見ると、
気持ちがほぐれてきます。

貴方にとって、心をほぐしてくれるのはなにでしょう?
ほっとする時間がありますように。

だましだまし、何とか折り合いをつけて生きていくしかない時って
あるものですね。
黒か白かの決着を早急につけなくても、
曖昧さを抱えていくことも、大切。
そのうちに少しずつ変化があったり、
違う見え方が生まれてくるかも知れません。

生きることに苦闘している中で、そんな生きる知恵を見つけたり・・・・。
いろいろありますね。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 05:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月の茶話会

急に寒くなってきました。
インフルエンザも流行しているようです。お変わりなくお過ごしでしょうか?。
12月の茶話会は今日の土曜日です。
今日は天候があまりよくないようですが、お気持ちが向かれましたら、どうぞご参加くださいね。

茶話会は自死遺族の方同士が心おきなくお茶を飲みながら、ほっとするひとときを過ごす場です。
今の気持ちや一人一人のさまざまな生き方、日々の過ごし方などについて自由に語り合っています。
喪失の激しい痛みが少し落ち着いた方たちの親睦と情報交換の場です。

茶話会開催日  毎月の第1土曜日 午後2時~4時半頃
12月は12月7日 午後2時からです。
場所   本会事務局(ホームページのアクセス欄に地図が掲載されています)

参加条件 大切な方を自死で亡くされた遺族に限定します。
分かち合いの会など自死遺族の会に参加したことのある方で、ある程度感情の揺れが落ち着い
た方。死別後1年以上経たれた方。

参加費 400円(会員、非会員を問わず)

その他  匿名を希望される方はニックネームでの参加も可能です
      話の内容はその場だけにとめおき 外部に漏れることのないよう
      参加者同士での守秘義務を条件とします
      その他 安心して本音で話し合えるためのいくつかの約束事項を
      大切にしあい 安全で安心できる場をつくっていきます

*参加希望の方は 当日連絡なしの参加で大丈夫です。
お気持ちが向かれたら是非どうぞ。

なお、
死別後間もない方や、大事な人を亡くした喪失の痛みで苦しい方、遺族の集いに初めて参加する方には「分かち合いの会」があります。こちらは毎月第三日曜日に開催しています。どうぞご参加ください。お待ちしています。12月は12月15日(日曜日)午後2時からです。詳細はホームページでご確認ください。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 01:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ともに・・・・

こんにちは、れもんです。

このところ雨続きのお天気でしたが、今日久しぶりに
青い空と太陽にご対面。こういう日は、外の空気を
思いっきり吸わなきゃ、ということで、午後からお散歩。

まだ、紅葉が残る木々を横目に、このところの運動不足を
意識して早足で歩いていると、冬並みの温度のせいか、
さすがに耳がかじかんできて、体が冷えてしまった。帽子
をかぶらず、手袋もせず、厚着もしなかった自分の無謀さ
を悔やみながら、丘の上まで来て、ふと歩みを緩める。
冴えわたる空の下、重なり合う紅葉を眺めると、こういう
ときを二人で一緒に過ごしたかったね、と思ってしまった。

以前だったら、それが一人でいる寂しさを余計募らせたの
だけれども、最近は、一緒にいたいと思ったときは、夫が
そう思わせているのでは?と思うようになりました。
こんなとき、一緒にいたらどんなにか・・・と思うときは、
夫が自分のそばに来てくれて、ともにいてくれている。
今日もそう思った途端、冷えた体が温まってきたように
感じました。

寂しいのは、その人を想うから。想わなければ、寂しくなら
ない。寂しさが、私と夫をつないでくれている。そう思うと、
不思議と一人ぼっちではないような気がしてきます。

早いものでもう、一年も残すところ、あと一月となってしまい
ました。時は確実に刻まれていくのですね。皆さま、どうか、
風邪など召されませんよう、お体を大切にしてお過ごし下さい。

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |