FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

朝の分かち合い

Hさんは6月に、私は5月に息子を亡くしました。
分かち合いの会は「密」を避けるためにこのところ、ずっと休止。
「こんな時こそ開いてほしい」。そんな切実な声も聞こえてきます。

そこで、
緊急事態宣言が解除された日の朝、「二人だけの分かち合い」をしました。
早朝から開いているフルーツパーラーで、Hさんはサンドイッチ、私は昔懐かしいフルーツポンチをいただきながらの分かち合い。
朝早いので、お客さんもまばら。食べるとき以外はマスクをして、向き合わずにはす向かい。
風が吹き抜ける広々とした店内で、亡き子のこと、死別前後の「あの頃」の自分のこと、今現在の思い等を存分に語りあいました。
芯のある生き方をしながらも、息子さんへの思いが溢れ出るHさんの言葉に、聴いている私まで癒されていきます。

死別して共に10年以上。
日常は死別前と変わらないほどにごく普通に過ごし、笑ったり、暮らしを楽しんだりは出来ています。
それでも
亡き子への思いは、死別直後と変わることなく切なく、無念さが募る。
世俗を超えて純粋に愛おしく思える分だけ、亡き人は一層に大きくて確かな存在になっている。

爽やかな朝の分かち合い。
ともに苦しみ、ともに生きる努力をしている仲間の存在。
頑張って生きていこうと、自分を励ます朝になりました。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お待たせしました

皆様いかがお過ごしでしょうか。コロナ疲れになっておられませんか。
緊急事態宣言が本日解除になりましたので、傾聴電話を6月から再開いたします。
長い間、お休みして申し訳ありませんでした。

最後に電話をお受けしたのは4月9日。
2か月近く傾聴電話は休止していました。
まずは短縮時間で週1回だけ6月から再開します。
毎週木曜日 12時から16時まで。
再開の初日は6月4日(木)です。

アドバイス、説得、議論などはしないで、電話を下さるかたのお気持ちに寄り添う、
それがグリーフケア・サポートプラザの「傾聴電話」で大事にしていることです。
お電話を、お待ちしています。
                   傾聴電話:03-3796-5453

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 02:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小さいけれど暖かくて大きないのち

5年前のGWの初め、明後日帰ると返事があったのにあの子は帰ってきませんでした。

その少し前、12歳を過ぎた愛犬そっくすに癌が見つかったことは知らせましたが、
検査やセカンドオピニオンの結果、短期間の延命にしかならない治療はしないと決めたことは、獣医の書いた図を見せながら話すつもりで伝えていませんでした。

あの日から、なぜ、を際限なく繰り返し、私がペットロスにならないよう自分が先に逝ってしまったのだろうか、とあり得ないことを考えたりしました。

毎日泣いて過ごしていても、そっくすは朝晩の散歩を待っています。
だんだん歩くのも辛そうになり、車で公園まで連れて行くと、お友達わんこに会えば嬉しそうに跳ね歩きます。
事情を知らない飼い主とは、何事もなかったかのように言葉を交わしました。

留守番させるのも心配で、あの子の家の片付けにも連れていきました。
狭い玄関先でホコリの舞う中、息も荒く伏せしたままずっと待っていました。

食いしん坊だったのに食べなくなり、一口でも食べてほしくて毎日ペットフードを探し回り、馬肉がいいと聞けば買いに走り、ペット用の酸素ルームをレンタルして・・・
悲嘆にくれるなかでも、ほんの少しでも食べたり酸素ルームで楽に過ごす様子を見れば、喜びを感じることができました。

食べなくなったら1週間と聞いていましたが、水以外口にしなくなって2週間近くたち、四十九日の法要の日になりました。
朝からもう立っていることすらできませんでしたが、身内だけとはいえお寺や精進落としの席に
連れて行くわけに行かず、玄関で横になっているそっくすに、「待っててね」と声をかけ出かけました。

やっと家に帰り着き、半ば諦めながらドアを開けると、朝と同じ姿で待っていてくれました。
その日の夜、納骨の悲しみと疲れで横になっている私のそばで、そっくすの最期が訪れました。

後日報告に行くと、我が家の事情の知らない獣医は、あれだけ状態が悪かったのに水だけでそこまで頑張っていた事に驚き、「本人の生きようとする気持ちが強かったのだと思います」とおっしゃいました。

悲しみと混乱の中なんとか過ごせたのは、頑張ってくれたそっくすのおかげです。
あの世があるのか信じ切れない私ですが、そっくすはあの子のところにまっすぐ向かい、今も一緒にいると思っています。
病状を知らないままだったあの子は、「あれ、そっくすもう来たの?」と驚きながらも癒やされているはず。

そう思えることがかすかな慰めでした。(by 茴香(フェンネル))

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兆し

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。れもんです。

からっとしたお天気がこのところ続いていますね。長く思えた日々にも、少しずつ変化の兆しが見え始めてきました。ただ、これからの生活は、ウィルスと
いかに共生しながら過ごしていくかということに重点が置かれるようになりました。広い視野から見れば、ウィルスもひとつの生命であり、自然の摂理においては、人間だけにその生命を特化できません。やはり、うまくお互いの領域を守りながら、共生していくしかないのだと思います。

彼が亡くなって10年目の初夏を迎えます。亡くなった当時、この季節はちょうど49日を迎えていた頃でしょうか。亡くなって1年目は懸命に気を張って日々を過ごしていました。当時は、気を張っていたという自覚はなかったのですが、今思うと、普通に何かをするだけでも、気を張らなければいけない状態だったと思います。

2年目のこの時期、その反動がきたのか、ひんぱんに眩暈を起こすようになりました。いつもは効く頭痛薬を飲んでも収まらない。しばらく横になっても眩暈がする。眩暈はいつ起こるかわからず、一度遠出をしたときに襲われ、帰宅するのが本当に大変で、外出すらためらわれるようになりました。

病院でCTやMRI検査までしてもらったけれども、脳にも中耳にも異常がありませんでした。結局、神経内科に回され、無理をしすぎたのでしょう、とのこと。何か自分に課すようなことをしてませんか?そういうことはすべてやめて、自分を解放してあげましょうよ、と若い歯切れのよい女医さんから忠告されました。彼の死に責任を感じていた私は、自分を酷使していたことに、言われて初めて気づきました。体の異変は、無理をしているというサインだと思います。でも、それは決して悪くなっているのではなく、よくなりつつある兆しだと思うのです。

時間が過ぎると罪責感に苦しむ回数はかなり減ってきます。ただ、それでも時折、自分のいたらなさを痛感する。先日、仏壇の前で手を合わせならが、そういう思いがふとよぎったとき、思わず、「重たいよ」という彼の声が聞こえてきました。私が抱く罪責感は、彼にとっても重たいものなのだと、初めて実感しました。私のいたらなさは私自身の問題。それをもうこんなに年数が経ってまで、自分にもってこないでよ、と彼が言っているような気がしました。

皆さま、少しでもご自分をいたわられますよう。
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 05:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひきこもりのなかで・・・

こんにちは。れんこんです。
家にこもって生きるのにも慣れてきました。
整理をして過ごしてられる方も多いでしょう。
私もこの機会にと思って、昔の手紙をだしてきました。
亡くなって20年になる夫の遺品の中に、夫の両親が学生の彼に
送金の際書いた手紙が数通あったりして・・・・・
始めて出会う舅のさりげない息子への気持ちを感じました。

分かち合いに参加された方たちから頂いたお手紙もあります。
細やかな心、哀しみが込められたお手紙を読みながら、お姿を思い出し
胸がいっぱいになりました。
その時お返事はしてましたが、今どうしておられるかとお便りを書きたい
想いに駆られました。10年以上経ってお心をかき乱してはいけないと
思いとどまりましたが、きっと逝かれた方たちと今も歩んでおられましょう。
神様のお守りと慰めを祈らずにはおれません。

脚を弱らせないため、かもが遊ぶ川に沿って歩くのが今の私の楽しみです。
頬を撫でる風を楽しみながら、今までに出会った方がたとの心の触れ合いを
切なく思い出しています。
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 15:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日記に閉じ込めた時間

なつめです。年頭に書き始めた個人日記がいつの間にか途絶えて
います。
 一昨年、父の介護をしていた頃、毎日記録をつけていました。食
事の内容や体調、話したことなど……。なぜか私自身の思いを記す
ことはありませんでした。どんなつもりで書いていたのかよくわか
りません。ただ、父の死が遠くないことを知って、自分が大切にし
ていた上等のノートを使って書き始めたことを覚えています。

 父が亡くなったばかりの時は読み直すことはそれほど苦痛ではあ
りませんでした。何かを確認するような気持ちがあったように思い
ます。

 その時よりも落ち着いて父のことを思い出せるようになったのに
、なぜか今はページをめくることができません。でも処分する気持
ちにもなりません。引き出しの奥にそのノートがあることが自分に
とって大切なことなのです。いつか、ゆっくり読み返す時間が来る
ように思います。
 
 緊急事態宣言が出て、毎週のように会うことのできた友人と顔を
合わせることができなくなりました。十数年前に私が喪失の中で混
乱していた時に知り合い、それ以来、折に触れて優しく温かなこと
ばで私を励ましてくれた大事な年長の友人です。このところ、どう
なさっているかしらと思い、手紙を出したところ、数日前にお返事
をいただきました。

 毎日の日課を知らせる文の中で、その方が長年日記を書いていた
ことを知りました。
 「少しずつ断捨離しています。日記も一冊ずつ生ゴミにしのばせ
て処分しています。読んでから捨てようと思いましたが、楽しいこ
とに混じって悲しかったこと、つらかった事、悔しかった事も書か
れていると思うので、ばっさり捨てます」と綴られていました。

 誰もがその人だけにしかわからない悲しみ、辛さ、悔しさを抱え
て、それぞれの仕方で生きている……。
記録の扱い方は正反対ですが、この一節に出会って、今までのどん
な触れあいよりも、その友を近くに感じました。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 11:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうしばらく・・

誤操作で最初の内容をそっくり消去してしまいした。再度同じ内容ですみません。

なすびです。緊急事態宣言が出て1ヵ月。静かな東京です。
毎日いかがお過ごしでしょうか。

8年前に我が家にやってきた2匹の兄弟猫は、
いつもぴったり寄り添って生きています。
寄り添うことで安心し、ストレスを減らしているのかもしれない。

1人ぼっちと感じたら、人も生きることが辛くなります。
そんな時、口には出さなくても貴方を大切に思い、幸せを願う人が実は何人もいることを、どうか思い出して。

「苦しい」「辛い」「もう嫌だ」と、心の奥に秘めている思いを少しでも伝えてくれさえしたら・・・、SOSを出してくれさえしたら・・・、なんとか力になりたいと思っている人は周りに必ずいるのです。
かけがえのない子に突然に命を絶たれた私の無念さと心からの願い、祈りです。

自死で遺されて苦しんでいる人々の為、なかなか他人には言いにくい本音を語る場、聴く場としての傾聴電話を休止してはや1か月。
緊急事態宣言は5月末まで延長になりました。
電話が再開できる日が早く来ることを、心から願っています。
もうしばらく、待ってくださいね。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 11:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悔しさの痕跡

こんにちは。なすびです。
今年の春はどこか緊張をともないますね。体調を崩されていませんか?
自粛要請に伴い私も徒歩圏のスーパーと、歯医者さんに通うだけの引きこもり生活をしています。

先だって、「歯ぎしりしていますね。歯を見るとわかります」と、久しぶりに訪れた歯科クリニックで言われて、びっくりしました。
歯ぎしりではなく、歯を食いしばって生きてきた為にすり減ったのだと気づいたのはしばらく経ってから。

やっとの思いで生きてきた日々の痕跡が体には刻まれている。
愛する人のいのちを救えなかった自責感と無念さ。
「何とか出来たのではないか」との悔しさにどれほど歯をくいしばってきたことか。

遺された人はみんな、このような体験をするまでは想像も出来なかった大きな心身の痛みの中で日々を生きています。
どうか今日一日が少しでも穏やかでありますように。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 17:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |