FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感性豊かな若者の死

32歳の歌人萩原信一郎さんの初歌集『滑走路』が再販を重ねているそうです。
心に残った歌のいくつかを忘れないように記しておきます。

『マラソンに置いてきぼりにされしとき初めて僕は痛みを知った』

納得のいかない困難な今を一人で乗り切るしかない心細さと心の痛み。
大人になるとは、大切に守られていたゆりかごから出ていくことかもしれない。孤独、虚しさ、不安、不条理感を秘めつつも、彼は決してあきらめず、未来を見つめて生き続けた。

「サラダ記念日」で若くしてデビューした歌人俵 万智さんは下記のように紹介しています。
「ピュアな言葉に思う。短歌は、彼の濾過装置。
自在な表現に思う。短歌は、彼の翼。
真っすぐに心を射抜く短歌が、ここにある」

『挫折などしたくはないが挫折することしばしば 東京をゆく』
『プラトンは偉大で 僕は平凡だ プラトンの書を読みつつ思う』
『まだ早い まだ早いんだ 焦りたる心は言うことを聞かない犬だ』
『生きるのに僕には僕のペースあり飴玉舌に転がしながら』
『あの角を曲がれば そうさ 新緑に出会えるはずと心躍れり』
『太陽のような光に出逢いたく林檎をぱーんと二つに割りぬ』
『三十路には距離があるから春の日のために翼を見つけ出さねば』
『歌一首湧いてくるなり柔らかい心の部位を刺激されつつ』
『街風に吹かれて「僕の居場所などあるのかい?」って疑いたくなる』
『消しゴムが丸くなるごと苦労してきっと優しくなってゆくのだ』
『この街で今日もやり切れぬ感情を抱いているのは僕だけじゃない』

初版が出る直前に自死したことから、辞せいの歌ととる人が多いが、そのようにとって欲しくはない、彼は生きようと思っていたことを分かってほしい、ご家族はそう語っておられます。

彼は「生きよう」と自分をどれほど励まし続けたことでしょう。歌からそのことが読み取れて、亡き息子と重なり心が疼きます。
自分の思い通りにはならない現実の中で懸命に生きる若者。
若さゆえに懸命なのです。若さゆえに世の歪をもろに受けるのでしょう。
ほどほど、いい加減にはできない若者の一途さはすばらしいけれど、困難ともろにぶつかり苦悩の中を懸命に生きる。そんな繊細な感受性で詠んだ歌の数々。
暗いだけではないし、視野が狭いわけではない。光を見ています。未来への広がりも感じます。
現実の息苦しさの中で必死に戦っています。そこが一層読むものの心に突きさります。

もう少し、あともう少し生きてくれれば、また違う景色に出会えたかもしれません。
高いプライドと繊細さゆえに生きていることに疲れて、ふとあちらの世界に足を踏み入れてしまったのでしょうか。
誰にも真実はわかりません。

「今でも、あの街角を歩いていて、人懐こい笑顔で「ただいま」と帰ってくるような気がしてなりません。優しい穏やかな息子でした。」とのご両親のあとがきに、生き急いだ人と遺された家族の想いがひしひしと伝わってきます。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 17:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT