FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のためのNPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二つの思いで揺れる日々

日本中でカーリングブームが起きた平昌オリンピック。10か月前のことで私も夢中で応援した一人。

漬物石をほうきで掃いているようなスポーツかとばかり思っていたら、氷上のチェスとも言われるそうで、スポーツとゲームを合わせたような面白さをその時に初めて知りました。
何より魅力的だったのは、どこを目指し、どのような力加減で石を動かすのかを選手同士が相談している声がマイクを通して聞こえる面白さ。

北海道弁で相談しあう声のところどころに、「そだねー」と相槌が入る。
そっくりそのまま相手を受け入れる言葉って、いいなあと感じました。
相手を信頼しているからこそ出る言葉。

そうなるまでに、どれほどの闘いや葛藤がチームメートの間であったことでしょう。
ただの仲良しグループの仲間内の言葉ではなく、一つのことを成し遂げるための苦闘の日々、諍いの末に編み出された言葉だからこそ、きっと感動するのですね。
「そだねー」が今年の流行語大賞になって、ちょっと嬉しい年の瀬です。

愛する人が突然あちらの世界に逝ってしまったことを、それほどに苦しかったんだねぇと受け止める気持ちと、
それでもなんとか生きて欲しかったとの心の奥底の思い、助けることが出来なかった無念さ、悔しさ。
死を受けとめたい思いと受け止めきれない思い。

この二つの相反する思いに揺れる中で、どちらも「そだねー」と思って今私は生きています。
是か非かの二元論で片づけることは出来ないとつくづく思うこの頃です。
どちらの思いも私の思い。
自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 17:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT