FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心を込めて

数寄屋作りの部屋の隅々まで手入れの行き届いた老舗旅館。
気を衒った装飾品はなく、季節の花がさりげなくいけられているだけの奥ゆかしさ。
リフォームしたばかりのように見える白木の美しさは日々の手入れの賜物だと知り感動しました。
季節を愛で、丁寧に掃除をして慎ましやかに暮らす、そんな日本人のごく普通の暮らし方をすっかり忘れてしまっていることにはっとしました。

リフォームの為に、2週間ほどすべての家具や装飾品を片付けた部屋のさっぱりした清々しさを体感し、これからは出来るだけ簡素に、好きなもの少しだけに囲まれて暮らしたいと思っています。
亡き人のお土産のシックなフランス人形と亡父が大事にしていた昔の朝鮮の素朴な焼き物、両親の故郷の昔からの焼き物・大樋焼きのような飴色の叔母の手作りの小さな花瓶。
どれも高価なものではないけれど、その人を彷彿とさせる品々。
それらを身の回りに置くだけで、少しだけ寂しさを凌げそう。

今朝はマンションのベランダで咲いた白と青色のアジサイを窓辺にいけました。亡き母が庭の草花を活けていたのを思い出しながら。
今日は爽やかな一日でありますように。

亡き人との別離のあれほどの痛み、哀しみも、10年以上が経過すると、いくらかは和らいでいることに気づきます。
それでも今も一日とて、思い出さない日はないのですが・・・。

NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 11:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT