FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよならのあとで

暑い日が続きますね。夏バテされていませんか?最近スタッフ日記を書いて下さるメンバーが増えました。..
.久しぶりにニックネームで書きます。なすびです。
「さよなのあとで」という詩をご存知ですか?。

お嬢様を自死で亡くされた方と、お父様を病気で亡くされた方、
2人の方が紹介くださいました。
そっと心に寄り添ってくれそうな優しい雰囲気の小さな本です。

息子を自死で亡くした衝撃と慟哭の中で過ごした年月は、
「なぜ?」「どうして!」の意味を探す苦しい旅でした。
長い年月を経た今はこの詩「さよならのあとで」のような静かで、
どこからか、微かな灯りが射しこむような気持ちになってきました。

今の苦悩に絶望しないで、
なんとか、一日、一日を過ごしてくださいね。
きっと大丈夫。

発行元・夏葉社のホームページ:http://natsuhasha.com/news/『さよならのあとで』/
で、詩が掲載されていますが、全文をご紹介します。

『さよならのあとで』(夏葉社)  詩:ヘンリー・スコット・ホランド
                    絵:高橋 和枝
死はなんでもないものです。
 私はただ
 となりの部屋にそっと移っただけ。
 
私は今でも私のまま
 あなたは今でもあなたのまま。
 
 私とあなたは
 かつて私たちが
 そうであった関係のままで
 これからもありつづけます。
 
 私のことをこれまでどおりの
 親しい名前で呼んでください。
 
 あなたがいつもそうしたように
 気軽な調子で話しかけて。
 あなたの声音を変えないで。
 
重々しく、悲しそうな
 不自然な素振りを見せないで。
    
 私たち二人が面白がって笑った
 冗談話に笑って。
 人生を楽しんで。
 ほほえみを忘れないで。
 
私のことを思ってください。
 私のために祈ってください。
 私の名前がこれまでどおり
 ありふれた言葉として
呼ばれますように。
 
 私の名前が
 なんの努力もいらずに自然に
 あなたの口の端にのぼりますように。
 
 私の名前が
 少しの暗いかげもなく
 話されますように。

 人生の意味は
 これまでと変わってはいません。
 人生はこれまでと同じ形でつづいています。
 
 それはすこしも途切れることなく
 これからもつづいていきます。
 
私が見えなくなったからといって
 どうして私が
 忘れられてしまうことがあるでしょう。

 私はしばしあなたを待っています。
 どこかとても近いところで。
 あの角を曲がったところで。
 すべてはよしです。 

自死遺族支援のための NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 07:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT