FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風に吹かれて

こんにちは、れもんです。
さすがに12月前半までは目を楽しませてくれた紅葉も
日に日にくすみはじめ、ふっと落ちゆく季節となりました。
気づいてみれば、12月も後半・・・早いものです。

先日、夕方から少し風が強まったときがあり、仕事の帰り、
最寄りの駅から自宅に向かう際、早く家に着きたいと思い
つつ、ふと薄暗くなった曇り空を見あげたのでした。

まとまりがないけど、何か一団となって、風に吹かれて
飛んでいる。よくみると、それは、高所にある木々から
放たれた枯れ葉でした。

風に翻弄されているかのようにも見えるその枯れ葉を見な
がら、ふと、人は皆こうしてどこに行き着くかもわからず、
流れのままにしか生きていけないものなのかと思いました。

夫は、あまりに自分が重たすぎて、自らの重みを軽やかに
しなければ、風に吹かれて生きてくことはできなかったの
かもしれない・・・

枯れ葉は、やがて行き着いたところで、何かの形で別の
命の自分をつなぐことができる。自然のなかで、こうして
夫の命も何かにつながれていったのだろうか。

そう思うと、何だか急に涙がこみ上げてきました。

亡き人を巡って、その年々の気づきがあります。亡くなっても、
共に生きていると思う瞬間です。でも、それは悲しい瞬間でも
あります。

年の瀬のあわただしい時期ですが、どうか皆さま、くれぐれも
ご自愛くださいますよう、少しでも落ち着いてお過ごしできます
よう、お祈り申しあげます。

来年もまたよろしくお願いいたします。
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 06:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT