FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決して忘れない

あれは息子が3歳になる前、
“初めてのお買い物”をしてくれた後に、5円をお駄賃として渡しました。
するとそのお金を握りしめて、父親にケーキ屋さんに行くことをねだり、
しばらくして意気揚々と、苺のショートケーキを1個買ってきました。
彼の大好きなケーキ。喜んで食べるのかとおもいきや、
「これママに」と私に差し出します。
「もらっていいの?」と問うと嬉しそうにうなずくのです。

息子のあの誇らしげな顔を私は今でも忘れることがありません。
どれほど多くの生きる幸せを幼い彼からもらったことか。
それが生きることの苦しみに変わる日が来るとは思いもしなかったあの頃。

今もなお、私をしっかりと心の中で支えてくれる温かな存在の彼。
その存在を今も感じるから、私は深い悲しみの中を生きていられるのかもしれない。

心の底からの屈託ない喜びはなく、かつての様に積極的には他者との交流を望みはしない。
それでも亡き人に出会えたことに感謝し、自死ゆえの心の痛みを覚えつつも、淡々と淡々と一日を過ごす中で、小さな喜びには出会えているのです。

深い苦しみを味わい、今もスティグマ的な痛みを抱えている者にしかわからない、日々の生き方、過ごし方。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 04:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT