FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

願い通りにはいかない人生であっても

かけがえのない子の死を『授かったいのちを、お返しした』、
あるいは『しばらくお預かりしていたいのちをお返しした』と受け止められるならば、
子を失った親の苦悩も少し違う味わい、意味合いになるのかもしれない。
かぐや姫伝説のように。

しかし自死の場合、自分自身ではなく亡き人による苦悶の末の選択なので,
お返ししたと思うことに幾ばくかの抵抗感を伴うし、
大きな存在から託されたいのちと考えるなら、そのいのち守ることが出来なかった無念さを遺された者は消すことが難しい。
でも、複雑に絡み合った気持ちの何パーセントかに、「お預かりしていたんだ」「そして今お返しした」そんな思いも存在はしています。

思い通りにはいかない。
必ずしも願い通りではない。
それでも何とか折り合いをつけて日々を過ごす。
それが“生きる”ということなのかもしれない。

一人一人異なる人生、そして自分の気持ち通りにはいかない人生。
それでも自分なりには精一杯生きている。
だからこそ味わい深く、どの人の人生も尊い。
早過ぎたあの子の人生も、
紛れもなく素晴らしかったと思いたい。(by なすび)


NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 17:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT