FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二つの時間

一年一年が過ぎて、年号も変わり、思いもよらなかった疫病が流行って、世界は変わり続けています。
ひっそりと暮らしていたいと思っていても、特に去年今年の(この先もでしょうか?)コロナの影響などは誰にも分け隔てなくあるわけで、昨年春頃は毎日のようにマスクを探していました。しっかりと現実世界の中で生きていたし、今も生きています。
けれど一方で、かけがえのない人を喪ってから、ある意味時間は止まっているし、世界と自分の間に膜があるような感覚も(だいぶ薄れてはきましたが)変わりません。
止まった時間の中にずっとうずくまっていたくても、日常の雑事はありますし、時には避けられない社会生活のお役目が回ってきたりもします。それが「普通の人」にはどうということのない事でも、とても辛かったりすることが多々あるのです。

その折り合いが難しい。と感じます。
流れゆく時間と止まってる時間。苦しい、悲しい、さびしい、つらい…いろんな言葉であれからの日々を言い表す事もできますが、「難しい人生になった」というのも実感しています。

一日、一日をなるべく穏やかな気持ちで過ごす。
結局これしかないのだろうと、何度も心の中で出た結論にまた帰るのですが。
そのためにも日々、小さな喜びを見つけ大事にしていきたい。
好きなこと、楽しいこと、心和むことのリストをよく考えます。それらは1つでも多くあった方が良いのです。
そしてそのリストが自由に実現できるようになるためにも、新型コロナの収束を心から願っています。 (by パンジー)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 12:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT