FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キモは深い癒しと温かさ

自分が辛くなりすぎないように微調整しつつ、喪失の痛みと共に歩いていく。
それがグリーフとの付き合い方のコツなのかもしれません。

逃げる時があったとしても、
自分があえて選択したのなら、その行動は自分を大事にすることになるに違いない。

グリーフは病気や問題行動ではなく大事な人を亡くしたなら誰でも当然に起きること。
治療対象ではないし、また自己洞察をして矯正していくカウンセリング対象や苦しみを伴う修行でもない。

人生を丁寧に生きていく中で徐々に変化していったり、自分で気づくもの、わかることと、私は思います。
あくまでもその人独自の性格や人生観に左右、影響されるもので、他者から教えられたり、評価されるものでもない。
その人の考え方、感じ方で良いのでしょう。
ただ、
グリーフからの立ち直りを支えてくれるのは「深い癒し」と「温かさ」を感じる場面の豊かさ。

例えグリーフが拗れていわゆる複雑性悲嘆に陥ったとしても、そこからの回復に必要なのは、やはり「深い癒し」と「温かさ」なのだそうです。
専門的に研究している精神科の医師が書かれた本で知り、とっても納得しました。
私が、そして多くの遺された人がグリーフの日々で一番大事だったことも「深い癒し」と「温かさ」との出会いでしたから。(byなすび)                                                          

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 03:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT