FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の悲しみ

大事な人を失って以降、「喜んでいる人」に対しても「悲しんでいる人」に対しても、
あまり心が動くことがないのです。
一緒には喜べないし、同じようには悲しめません。
その場かぎりの適当なことも言えないのが、自分でも未熟(?)だと感じます。

人は衝撃から身を守る時、自然に体を硬くして身を縮め目を閉じ歯を食いしばるのではないでしょうか?
何となく自分が傷つきそうだ…と予想すると、心がそんな姿勢をとっているような感じです。
実際そんな場面に遭遇すると、無口になり表情が固まっているのを感じます。
「変な人」「不自然な態度」に見えるだろうな…と思いながら。
そんな時は心の中で精一杯耐えているのですけれど。

春はお祝い事も多い季節です。
そういう話題が辛いので、いつもよりさらに用心深くなっている気がします。
ショッピングセンターで色とりどりのフォーマルウェアなどを見ると、胸が痛みます。
何となく世の中全体が桜色になっていく華やかさに、気持ちがついていきません。

楽しい思い出もあります。大切な宝物です。
記念の桜のそばを通る時は、あとどのくらいで咲くだろう…と見上げます。

でもやはり悲しいのです。
悲しいのです。
そんなことは当たり前のことです。

この季節をどうやってやり過ごすか…今でも良い方法は見つかりません。
つぼみをつけ始めた庭の花達が、せめてものなぐさめのこの頃です。(BY パンジー)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 03:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT