FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよならは仮のことば

ふらりと本屋に立ち寄り、題名に惹かれて購入した谷川俊太郎の詩集「さよならは仮のことば」

10代のころから最近の詩までをピックアップしている中で、心に残る詩にいくつか出会えました。
その一つが詩集の題名にもなっている「さよならは仮のことば」。
現在90歳の詩人の76歳の時の詩集「私」の中の詩だそうです。

思い出よりも記憶よりも深く、さよならした人と遺された人をむすぶものがある
との言葉に体感で納得しました。
探さなくても「ある」感覚は、大切な人を亡くして初めてわかったことです。
大切な人は年月を経ても「いなくはならない」のですね。
「ある」、けれどもう姿を見ることは出来ない。
それが寂しい私です。

さよならは仮のことば  谷川俊太郎
『夕焼けと別れて
ぼくは夜に出会う
でも茜色の雲はどこへも行かない
闇にかくれているだけだ

星たちにぼくは今晩はと言わない
彼らはいつも昼の光にひそんでいるから

赤ん坊だったぼくは
ぼくの年輪の中心にいまもいる

誰もいなくならないとぼくは思う
死んだ祖父はぼくの肩に生えたつばさ
時間を超えたどこかへぼくを連れて行く
枯れた花々が残した種子といっしょに

さよならは仮のことば
思い出よりも記憶よりも深く
ぼくらをむすんでいるものがある
それを探さなくてもいい信じさえすれば』  (byなすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 03:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT