FC2ブログ

自死(自殺)遺族支援のための認定NPO法人グリーフケア・サポートプラザ

大切な人を自死(自殺)でなくし ひとり孤独でいる時 望みを絶たれ先が見えない時 いつでもどうぞ 自死遺族支援をしているNPO法人です

≫ EDIT

時は流れて  その3

「なにが失われるかということよりも、むしろなにが続いていくのか」ということが、喪の道を歩く者には大事な焦点であると、何かで読んだことがあります。

失った子を、何かの中に見つけようと必死に探し続けていた日々。メジロと出会ったのはそのような時でした。

かつてのように、なにかの中に故人を見出だす繊細さ、必死さは残念ですが今は消えてしまいました。
代わりに亡き人は、想像もつかない彼方や、そしてまた時に私の心のなかにも存在しているような感覚。
その時々で違います。
会えなくなったのは悲しいけれど、出会えたことの感謝で満たされてもいます。

この先どんな自分に変わっていくのでしょうか?
亡き人とのつながりはどのように変わっていくのでしょうか?
その時どきのあるがままの自分を受けいれて生きていければと願っています。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピラカンサ

ピラカンサスkopi-

「ピラカンサの赤い実がなっている。5月に花言葉「美しさはあなたの魅力」の通り、小さな白い花が泡のように咲いていたのを思い出す。
たわわに実ったこの実、小鳥の餌になって、種を飲み込んだ鳥が種を遠くまで運んでくれるそうだ。しかし、鳥が好んで食べているようには見えない。実のなったピラカンサの花言葉は「燃ゆる思い」、そして「防御」だそうだ。ピラカンサのピラは炎で「燃ゆる思い」、カンサはトゲで「防御」。トゲで動物はうかつに近づけないし、一度に鳥がたくさんの果実を食べないように、ピラカンサの果実には元々毒性があり、真冬の2月ごろには毒性が無くなるのだそうだ。食物が無くなる真冬まで、待たなければ。今は、我慢の時か。
あくまで、「美しさはあなたの魅力」の言葉どおり、今は、ながめているだけにしたほうが賢明だ。 byヒソプ」

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 23:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時は流れて その2

息子が旅立った直後の3年間、冬になると窓辺にやってきたメジロ。
十余年前の不思議な出来事を今も思い出すことがあります。
「もしかして、Mクン?」
メジロを見るたびにドキドキしながら祈るように見つめていた私。
息子が生き返ったような驚きと喜びで、心が安堵感で満たされていきました。
「もう一度、あのメジロに会いたい」、その願いであの頃は生きていたのです。

どのようなものであれ、先に望みがあると苦しみに耐えることが出来るのかもしれません。
あの子は先には全く望みがないと思い込んでしまったのでしょうか。
あるいは何も考えられないほど消耗しきっていたのかもしれません。

気づけませんでした・・・。(by なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 03:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

反響

れもんです。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
秋から冬への季節の移ろいを、そこかしこに感じながら、11月も半ば過ぎになってしまいました。
この季節、少し物悲しくもなるのか、時折、主人が逝った日のことを思い出します。
単身赴任先で自ら逝ってしまった主人を、夜中に車を飛ばして、主人の妹とともに駆けつけました。一人だったらどうすることもできなかっただろうけれども、共に誰か付いてくれる人がいるということは心強いことです。

主人を連れて帰った家には、ちょうどよいタイミングで、離れたところに住んでいる弟が来てくれ、いろいろと助けてくれました。子供のいない私は、その日、帰ってきた主人と二人きりで過ごさなくてはならなかったのですが、幸いにも、多忙な弟が一緒にいてくれました。夜、ふとんに入ると、自分の心と頭が乖離して、自分が取り戻せないような思いに襲われましたが、そのときに、「ここで何とか踏ん張る」と思わせてくれたのは、横で寝ていた弟の存在だったように思います。
自分の話は人に聞かせるくせして、人の話は適当に聞いているようにしか思えなかった弟も、この時ばかりは、私の話に、丁寧に応じてくれました。今では、何を話したのかも覚えていませんが、自分が発したことが返ってくるというのは、こんなにも有難いことなんだと改めて思ったものです。

誰かに話を聞いてもらって、それが何にせよ返ってくると、返ってくることで自分の所在もまた確かめられるのだと思います。どこか遠くへ飛んで行きそうだった自分が、かろうじて踏みとどまることができたのは、あの日の弟からの反響のおかげだったと思います。
語りは自らを指し示すものですが、それは語りが聴くものを前提としているからこそ成立するものです。そこから返ってくるものを受けることで、自らを表すことができる。それがどのような感情であれ、それが現在の自分なのだと知ることができるのだと思います。

サポートプラザには、様々な語りの場があります。残念ながら、現在は、十分な活動を行えませんが、試行しながら少しずつ活動を再開し始めております。また、皆さまに従来通りのご案内ができる日が少しでも早く来ることを、今は祈るばかりです。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 04:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

傾聴電話をご利用くださる皆様へ

コロナの影響で大事な人を自死で亡くされる方が、悲しいことですが増えてきています。
,
コロナ感染予防の為、「自死遺族の方のための傾聴電話」は時間短縮と対応曜日を減らして、現在は実施しております。
自粛以前の半分以下の時間での実施です。
せっかくお電話くださっても繋がりにくく、やむなくあきらめてしまわれる死別後間もない方のお気持ちに配慮し、新たな傾聴ルールを決めました。

明日、11月12日木曜日からの傾聴電話は、1回の電話時間を原則40分までとさせていただきたいと思います。そうすることで、少しでも多くの方のお電話を受けることが出来ますようにと、願っています。
苦渋の決断です。お電話を利用下さっている皆様本当に申し訳ありません。
コロナが収束し、ゆっくり時間をかけて聴ける日が早く来ますように。

傾聴電話は現在は木曜、土曜の週2回、12時から16時まで実施しています。
1日に1回、何度でも、何年でもリピートしてかけていただくことは可能です。
1年、2年、数年、十数年にわたり、かけくださるリピーターの方は少なくありません。

必要な時にいつでも、どうぞご利用ください。
必要な時に繋がりますことを願いつつ、お待ちしております。

認定NPO グリーフケア・サポートプラザ 自死遺族の方のための傾聴電話
毎週        木曜日   土曜日   12時~16時まで
電話番号     03-3796-5453   


NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村




| スタッフ日記 | 08:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時は流れて  その1

我が家の前に新しいマンションが建つようです。
壊された元のビルの前庭には、イチョウと金木犀が植えられていましたが、どちらも切り倒されて更地になってしまいました。
大ぶりの華やかな花が咲く金木犀の大きな木は、風が吹くと、オレンジ色の絨毯を敷き詰めたように花びらが散り、香しい香りが秋の風物詩でしたが・・・・。

冬になると、無数のメジロが金木犀の枝にとまり、にぎやかに囀っていました。
そのうちの1羽が2月になると、悲しみに沈んで一日空を眺めている死別後間もない私の目の前まできてくれていました。
私が無事に生きているのかを確かめるかのようなメジロの訪問は3年間続き、3度の冬が過ぎると、姿を見せなくなりました。
(by  なすび)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 16:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おひさま

普段、日当たりの良くない北側のキッチンや、前に建物があるリビングでほとんどの時間を過ごしています。
それが先日ちょっとした工事の為に、2階の部屋で待機していなければなりませんでした。
タブレットや飲み物を持って、朝から夕方まで過ごしました。
工事の音はそこそこうるさいですし、多少振動もあります、何より数人の業者さんが出入りするので落ち着きません。

けれどあまり不快な思いを感じずに、むしろ少し心地よい感覚がありました。
こもっていたのがとても日当たりの良い部屋だったのです。
爽やかな秋晴れで、カーテン越しの日差しは暖かく、明るく、それが私の気持ちもいっぱいに満たしていました。
自然に体も心も大きく伸びをするように「気持ち良い!」と思えたのです。
家にいる時以外でも「紫外線」を避けがちなのは、もうずっと以前からの習慣になっています。
「美容上」の理由もあるし、年齢とともに「日差しが目に眩しい」ということもありました。
わざわざ日当たりの良いところにいなくても、現実的にはそれなりに自然と日光は浴びているとも思います。

けれど、あの「あ〜気持ちがいいな。」とのびのびゆったりする感覚、体はともかく心に大事だな、と実感したのです。「気持ちが良い」と感じることが本当に貴重な日々なのですから。
短時間でも意識的に、カーテン越しのおひさまの光くらいは浴びたいです。
そういう時間を持つことも大事かなと思いました。「心の日光浴」ですね。
普段暗いところにじっとしている心に光を当ててあげたいです。
シンプルに、感覚的に気持ちが良いと思えることを味わうことで癒される、ホッとするのは大事なことだし、そういうことをなるべくたくさん集めていきたい、と思った秋の1日でした。(by  パンジー)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 17:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月のオンライン茶話会のお知らせ

11月の茶話会はズーム(ZOOM)アプリを使用して、オンラインで実施します。
お好きな飲み物をいただきながら、心置きなくお話しできる時間になりますように。

開催日時:2020年11月7日(土)午後2時~3時30分
開催場所:ウェブ上のオンライン会議室
参加条件:・グリーフケア・サポートプラザの遺族の集いに,参加したことのある方。

      ・使用する端末(パソコン・スマートフォン等)に、予めZOOMアプリをダウンロードして、ご参加ください。
参加費:無料
その他:・予約制(6名くらい)です。メールのタイトルに「オンライン茶話会参加希望」と記入し、グリーフケア・サポートプラザの事務所までメールでお知らせください。
grief.care.sp@luck.ocn.ne.jp へ、お申込みください。折り返し確認のメールをいたします。
    ・申し込み期限:11月5日(木)17時まで。

ホームページでご確認のうえ、お申込みください。
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 16:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリーゴールド

マリーゴールド

「マリーゴールドの花が咲いている。
「麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる~♪♬」と歌っていたから、つい口ずさんでしまう。
過ぎた夏の恋を懐かしむ歌だから、今頃のことか。コンパニオンプランツとも言われ、他の植物と一緒に植えると病害虫が抑えられたり、元気に育つようになると言われている。
まさに、聖母マリアの黄金の花だ。「マリーゴールド」の花言葉は「悲しみ」「変らぬ愛」。原産地のメキシコでは、オレンジのマリーゴールドを飾って、ディア・デ・ムエルトス(死者の日)の祭りが行われるのもこのころ。
先に召された人たちと、共に楽しく笑う日は誰にも必ず訪れる。by ヒソプ」

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヘブンリーブルー ・ 「天上の蒼」

おはようございます。なすびです。、
ご体調はいかがですか?あまり無理しないでお過ごしくださいね。

先日、散策していた時に垣根に絡まるヘブンリーブルーを見かけました。野生化した小さな花でしたが、紛れもなく「ヘブンリーブルー」の空色。

日本語では「天上の蒼」という名前を持つ西洋朝顔「ヘブンリーブルー」。
その花を知ったのは息子を亡くした年の夏でした。
天国に咲く空色の朝顔に囲まれて眠る子を想像すると悲しみに沈む心が少し癒されました。

毎年ヘブンリーブルーを育てている老婦人から分けていただiき、私も翌年種を蒔きました。澄み切った優しい空色の大輪の朝顔が初めて咲いたのは9月に入ってからで、霜がおりるまで咲き続けました。
朝日に輝く、澄んだ美しい色は空の彼方の息子への祈り。「どうか安らかで」との思いを込めてヘブンリーブルーを眺めていたあの頃。
空色は彼の好きな色でした。

あの子を亡くした絶望の日々、どれほど花に慰められていたことかと、しみじみと思い出しています。ヘブンリーブルー。勿忘草(わすれなぐさ)。ペチュニア。デェルフィニウム。
それぞれの花に、天国の亡き子との懸け橋になる物語を紡いでいました。
花はただの花ではなく、息子からのメッセージを届けてくれる意味ある存在として、あの頃の私は眺めていました。

どんな人のどんな慰めの言葉も、受け入れることができなかったころ、小さな花に「生きるんだよ」と励まされていたのです。
細い小さなロウソクであっても、暗闇を手探りで歩く者にとっては、足元を照らすささやかな灯りになるように、ほんの小さな慰めであっても、生きていくよすが になることもあります。
今深い悲しみの中にいる貴方にも、心慰められ、励まされる何かが見つかりますように。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 07:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はちみつ紅茶

こんにちは。なすびです。涼しくなってきましたね。
風邪などひかれていませんか?

上着を羽織るほど肌寒い日が続き、ベランダの植物たちも秋色に染まってきています。
夏の間我がもの顔に元気な葉を茂らせていた青じそもいつの間にか穂じそに変身。
猛暑の間は影を潜めていたピンクのオキザリスが、あちらこちらから顔を出し始めました。

つい1月前までは冷たい麦茶を飲んでいたのに、温かな飲み物が恋しくなってきて、私が今はまっているのは、「はちみつ紅茶」。
その甘さが喉と“こころ”に優しくて、昔凝っていたロシア紅茶に通じる懐かしく鄙びた味。
亡き息子も私もこだわりの紅茶派でしたが、最近は名もないごく普通の紅茶になぜかほっとするのです。
特別の逸品でなくても、身近に手に入るもので日々の暮らしを楽しみたい。
くつろぎ、気負いのなさが一番のご馳走、最近はそんな気分で暮らしています。

今朝もマグカップにたっぷり淹れたはちみつ紅茶で一日がスタートします。
溜まってしまった仕事が、今日中には目途がつきますように。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 20:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

庭仕事

ガーデニングが趣味でした。
狭い庭ですがそれなりに手入れをし、季節ごとの花で玄関周りを飾っていました。
園芸店であれこれ迷いながら、苗を選ぶのは楽しいひと時でした。

あの日、かけがえのない大切な人を喪い、生活が、人生が全く違うものになりました。
最低限のことしかできず、また何のやる気もおきません。毎日窓を開けるたび、雑草だらけの庭や、枯れた花をぼんやり見るだけです。片付ける気力もなかったのです。
ある程度の時が経ち、また少しづつ花を植え始めました。一度全部捨ててしまったので新しくプランターを買ったりして…
つぼみを見つけては嬉しく、花開けば嬉しく、写真を撮ったりもしていました。
切ってきてお気に入りの花瓶に挿し、写真のそばに飾ることも、自分の心のなぐさめになりました。

けれどいつかまた全部捨ててしまいました。楽しみが戻ったように思えた庭や花の手入れ…それが気持ちの負担の方が大きくなってしまったのです。楽しく庭仕事をしていた頃を思い出すと、やはりつらく悲しいのです。

無理をしてやることはないのだ…と自分に言い訳をしています。
時間が経てば少しづつ穏やかになっていくものだと思い、また期待もしていましたが、そう単純にはいかないようです。そういう事も実感するこの頃です。

花は散歩の途中に見る他所のお庭や、公園やたまに行く植物園で楽しませてもらいます。
時おり行く、安くて活きの良いお花を売ってるお店でたくさん買ってきて飾ります。
またほっといても丈夫な多肉植物の寄せ植えを窓辺に置くようになりました。

シフトチェンジとでもいうのでしょうか、「以前のようにはできない」「以前と比べるからつらい」ならちょっと自分が楽なように変えれば良いのかな…と思っています。
ただ、雑草だらけの庭はそのままなのですが。
そのうち重い腰を上げて、草むしりをしようと思います。(by パンジー)

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村


| スタッフ日記 | 13:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

研修会スタートしました

10月1日から傾聴電話ボランティア養成研修会が始まりました。

コロナの影響で開催を延期していましたが、このような状況下でも、ボランティア希望される熱意ある方々のご要望に応え、今年度も10回連続の講座がスタートしました。
都心の事務所まで毎週通ってきてくださる受講生の方たちの為に、都内のコロナ感染状況がこれ以上悪くならないことを祈っています。

電話をかけてこられる自死遺族の方々の気持ちを何よりも大切に受けとめ、聴く側の考え、価値観、体験を脇に置いて聴く傾聴は、簡単なようでいて、なかなか難しいことです。
講師を担当するスタッフもまた、研修会の度に、初心に帰って気持ちを引き締めます。教えることは学ぶこととつくづく感じます。

日常会話とは全く異なる傾聴=アクティブリスニング。
容易に分かった気持ちにならないよう、訳知り顔で「他者の苦しみを追い越さないように」、その方の立場にたって慎重に聴くことを忘れないでいたいと、心新たにしています。

NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

| スタッフ日記 | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋日和

すっかり秋らしくなりました。

少し前になりますが、小田原の江之浦測候所に出かけてきました。
こちらは2日前までの予約が必要で、天気予報を眺めながら、締め切りぎりぎりにチケットを購入しました。

翌朝、女優の自死のニュースが飛び込んできて、鳥肌が立ちました。
嫌でもネットやテレビから目や耳に情報が入り、ザワザワした気持ちで一日過ごしました。
その翌日は予報通りの秋晴れで、富士山を見ながら江之浦を目指しました。

測候所という不思議な名前がついていますが、ここは現代美術家の杉本博司さんが構想に10年かけ3年前にオープンした施設で、海を見下ろすみかん山に、ギャラリーや舞台などの構造物が、春分・秋分、夏至、冬至のそれぞれの日の出の方向に合わせて点在しています。
そこここに使われている石材は、杉本さんが長年収集してきた、古墳時代から近世までのお寺の礎石などの遺物で、門は室町時代の鎌倉明月院のもので、建て替え前の根津美術館で使われていた、と全てに物語があります。

春分・秋分、夏至、冬至の際には、光遥拝の会が開催され、太古より太陽を拝み、神を感じ、アートが生まれたことに思いを巡らすような場所になっています。

亡くなったあの子の趣味の一つは、絵を見ることでした。
どの画家が好きなのか、どんな絵が好みなのか、考えてみると何も知らないままでした。

トンボの舞う広い空の下、相模湾を挟み三浦半島とその奥の房総半島の先端まで眺め、青い実のたくさんついたみかんの木の間を歩きながら、誘ったら一緒に来たかな、若いあの子には渋すぎて興味ないと断られただろうか・・・そんな事を思って、気持ちの良い半日を過ごしてきました。

道に沿って配された石仏の傍らには、彼岸花が咲いていました。   (by 茴香) 
 
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 05:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月の分かち合いの会、開催します!

しばらく休会しておりました分かち合いの会は、感染予防対策をとった上で10月は開催する予定です。

開催にあたっては、新型コロナウィルス感染予防のため、下記のように実施させていただきます。

よろしくご理解、ご協力をお願いします。

開催日時:10月18日(日)午後2:00~午後4:00

開催場所:グリーフケアサポートプラザ事務所 


事前にグリーフケアサポートプラザ事務局にメールで予約をお申込みください。

申込締切:10月16日(金)午後5:00*定員に達し次第、締め切らせていただきます。

メールアドレス:grief.care.sp@luck.ocn.ne.jp 

・件名:分かち合いの会 参加申し込み

・本文:氏名(ニックネームも可)、日中に連絡可能な電話番号(急遽中止の場合の為)

※後日、予約受付の返信をいたします。

その他の詳細はホームページでご確認ください。
NPO法人 グリーフケア・サポートプラザ
NPO法人グリーフケア・サポートプラザ 公式ウェブサイト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村



| スタッフ日記 | 04:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT